このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第115回

プッシュ通知でスマホ特化の雑誌が読める!

オリジナルコンテンツが読める「LINE MOOK」を楽しもう

2017年07月11日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:「LINE MOOK」って?
A:オリジナルコンテンツがビジュアルで楽しめるメディアです

 LINEのオリジナルメディア「LINE MOOK」をご存知だろうか。LINE MOOKは、写真をふんだんに使った、目で楽しめるLINEの新メディアだ。オリジナルコンテンツがスマホに最適化された形で楽しめるので、使い方をご紹介したい。

 「LINE MOOK」には様々なオリジナルコンテンツが用意されている。以下に紹介するLINE MOOKのラインナップから選んで友だち追加するだけで、毎週プッシュ通知でコンテンツが届く仕組みだ。

 LINE MOOKには、お酒をテーマとした「週末この一杯」(@oa-ippai/木曜21時頃配信)、メイク・ビューティをテーマとした「Steal me!」(@oa-stealme/水曜18時頃配信)、ライフスタイル情報誌「Toss!」(@oa-toss/月曜21時半頃配信)という自社編集3メディアの他、マガジンハウス『Hanakoママ』プロデュースの育児メディア「てをつなご。」(@oa-tsunago/毎週水曜配信)がある。届いた通知の見出しをタップすると本紙が読める。

「週末この一杯」
「Toss!」
「てをつなご。」

 他の雑誌コンテンツと大きく違う点は、最初からスマホに最適化されており、縦スクロール式で、文字ではなくビジュアル中心のコンテンツということ。スマホの小さな画面でも見やすいので、雑誌の文字が見えづらくなってきた世代、拡大縮小などが面倒くさいと感じていたユーザーにもお勧めだ。

ビジュアル中心の縦画面構成なので、とても見やすい

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン