このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

3万円で心拍センサー付き完全ワイヤレスイヤフォンは音もバランスよい

2017年07月02日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Jabraの「Elite Sport」は、心拍センサーを内蔵したトゥルーワイヤレスイヤフォンという変わり種。しかし、スポーツモデルとして機能的に充実しているだけでなく、再生音のバランスの良さも大きな魅力だ。

 価格はe☆イヤホンで3万2800円。それなりに高価な製品だが、1ヵ月ほど使ってみて、それに見合うだけの価値は十分にあると感じた。今回はまずElite Sportの機能と音質についてご報告したいと思う。

沈めてOKの防水性能(一定条件下なら)

 Jabraはデンマークに本拠を置くGN Store Nordグループのブランド。GN Store Nordは、世界初の海底ケーブルを敷設し、日本にも明治維新の3年後に電信線を開通させたかつての大北電信会社(The Great Northern Telegraph Company)だ。現在は傘下に補聴器メーカーのReSoundも擁し、Bluetoothヘッドセットやイヤフォン、補聴器といった音響通信機器を中心に開発している。

 Elite Sportは、同ブランドとして初のトゥルーワイヤレスイヤフォンでありながら、さすがに老舗だけあってBluetooth周りの使い勝手や、通話用のマイクを4つ内蔵して通話品質を確保するなど、ヘッドセットとしての機能にも手抜かりがない。

 イヤフォン本体は保護等級IP67準拠の防塵・防水性能を持つ。粉塵が内部に侵入しない耐塵形で、かつ一時的に一定の水深に沈めても内部に浸水しない防浸形。具体的には、30分までなら水深1mまで潜水しても大丈夫。通常の利用なら耐水性能が問題になることはないだろう。メーカーでは3年間の耐汗性保証を付けて売っている。

質感の高い充電ケースと本体

 イヤフォン本体、付属の充電ケースともにマット仕上げで、樹脂製ながら質感は高い。特に充電ケースは、手にした感触、フタの開閉トルクの設定なども含め、安っぽさを感じさせない。

 同種のイヤフォンでは、充電ケースと本体を磁石で吸着させるものがよく見られるが、この製品には本体とケースを固定させる仕掛けがない。そのためケースのフタを開く場合は、かならず水平にして開けないと、本体がこぼれ落ちる。そこは気を付けたい。

 フルチャージしたイヤフォンの連続再生時間は最高3時間。充電ケースには、このイヤフォンを2回充電するだけのバッテリーを内蔵している。

 左右のイヤフォンは形状的にも機能的にも別々のもので、区別もつきやすい。右ユニットはスマートフォンと直接接続するプライマリ側で、ボタンは“◯”と“●”。左ユニットは“+”と“-”というように、側面の操作ボタンも別個の機能が振り分けてある。

 電源のオンオフはイヤフォン本体のボタンでも操作できるが、充電ケースのフタを開けてイヤフォンを取り出すと電源が入る仕組み。右ユニットとスマートフォンのペアリングを済ませておけば、ケースから右ユニットを取り出しただけでスマートフォンと接続する。左ユニットも取り出すとステレオペアが成立する。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中