このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

猛暑は自宅で過ごしたい! この夏買いたいAV機器第1回

4Kが5万円、有機ELも30万円切り! 今買いたい大画面テレビ

2017年06月27日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

猛暑の今年はお家でテレビ!

 どうやら今年は猛暑となりそうで、クーラーの追加や買い換えは本格的な暑さになる前に手を打っておいた方がよさそう。

 と、白物家電の特集のような書き出しをしてしまったが、本題は快適な室内で過ごす方法だ。

 ここはやはり、オーディオ&ビジュアルの出番だろう。映画やビデオ作品を見るのが一番のオススメだが、避暑地の映像や音楽を流して、自宅にいながらリゾート気分を楽しむというのもアリ。

 仕事や学校などで、長期休暇も取りにくいという人なら、なおさら毎日を快適に過ごすための方法を模索したいところ。

 そこで、今回は今買うべきAV機器について特集する。今回はビジュアル機器、つまり薄型テレビとプロジェクターを取り上げる。

フナイが国内市場に本格参入!!
4Kテレビの低価格化もさらに加速

ヤマダ電機で販売されているフナイの4Kテレビ
ヤマダ電機で販売されているフナイの4Kテレビ

 薄型テレビでの大きな話題が、家電量販店による激安4Kテレビの展開だろう。たとえばフナイ(船井電機)の国内テレビ市場への再参入。

 同社は国内ではOEM元としての役割が中心で知名度は今ひとつだったが、北米などの海外では人気の高いブランド。それが今年になって国内向けモデルを発売した。全11モデルがラインアップされるが、ヤマダ電機の独占販売となっている。

 ここではその最上位モデルとなる「FL-49UA6000」(販売価格 22万9800円)について紹介しよう。価格も十分にお手頃だが、4K解像度でHDRにも対応。しかも、3TBのHDDを内蔵し、最大5チャンネルの番組を全録して2週間分蓄積できる強力な録画機能も備えている。

 独自の高画質エンジンの搭載をはじめ、各種の動画配信サービスにも対応するなど、機能的にも国内メーカーのモデルと同等になっており、その実力が気になる人は多いはず。

ドン・キホーテが発売した、東芝のデジタルボードを使用したテレビ
ドン・キホーテが発売した、東芝のデジタルボードを使用したテレビ

 また、ドン・キホーテが東芝のテレビ用デジタルボードを使用した4Kテレビ「情熱価格PLUS 50V型 ULTRAHD TV 4K」(販売価格 5万9184円)を発売。

 その価格の安さと東芝製ボード採用という信頼感から人気が爆発。発売1週間で初回生産分が完売し、予約も一時休止中という人気ぶりだ。

中国のハイセンスも日本向けに4Kテレビを販売している
中国のハイセンスも日本向けに4Kテレビを販売している

 海外勢のハイセンスも4K液晶テレビ「HJ50N5000」(販売価格 10万7784円)を発売。HDRにも対応し、4K動画配信サービスも楽しめるなど、機能もなかなか充実している。

 こうしたぐっと安価なモデルが続々と登場してきているのも、今年のトピックスと言える。いくつものメーカーがテレビ市場から撤退した安売り競争が再びはじまるとは考えにくいが、より手の届く価格にも4Kテレビが登場してくるのは歓迎したい。

アニメ好きならHDR対応モデルを選びたい!

 個人的に気になるポイントとしては、画質や音質をじっくりと見極めたいところ。薄型テレビは10年くらいは使いたい物なので、長く愛用できるかどうかを左右するのは画質・音質だと思う。

 また、HDR対応については積極的に検討したい。HDR対応のコンテンツはUHD BDだけでなく、動画配信サービスやゲーム機でも対応が進んでいるので、将来性も考えるとHDR非対応は機能的な不満になることが多いと思う。

 特にアニメ好きな人には、従来のSDR映像をHDR的に高輝度化して表示する機能があると、なかなか相性が良く、さまざまな特殊効果の光が際立ち、なかなか見応えのある映像を楽しめることを付け加えておく。

 動画配信ではHD解像度の作品をHDR化して配信するタイトルも登場しており、4K解像度での制作が実写以上に難しいとされるアニメでも、HDRによるさらなる表現力の拡大が普及する期待もある。

 価格が大きな魅力ではあるが、そのぶん、機能や使い勝手、画質・音質にはそれなりの差が出るので、じっくりと見極めたいところだ。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン