このページの本文へ

UPQ、焼損事故を受けて、バッテリーの充電制御を改善した新ファームウェア配布開始

2017年05月25日 22時40分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UPQは、5月9日に公表したAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」のバッテリー焼損事故を受け、充電制御を変更して、バッテリーへの負荷を改善した新ファームウェアの配布を開始したことを発表した。これまでのファームウェアではバッテリーが加熱し損傷する可能性があるとしており、ユーザーには新ファームウェアを必ず適用するよう告知している。

「UPQ Phone A01X」

 アップデートはインターネット経由で可能で、詳しい方法や問い合わせ先についてはUPQのウェブサイト上に記載がある(https://upq.me/jp/faq_upq_phone/000031/)。さらに購入者には新型バッテリーを配布予定で、6月中にあらためて告知されるとのこと。

 なお、発売が長らく延期されていた「UPQ Phone A02」は、正式に発売の見合わせとなった。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン