このページの本文へ

世界で73万個の販売されたベストセラーモデルが機能強化

ティーピーリンク、Wi-Fiルーターをリニューアル

2017年04月28日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Archer C7」

 ティーピーリンクジャパンは4月27日、Wi-Fiルーター「Archer C7」を機能強化したと発表した。5月上旬に発売する。

 Archer C7はIEEE 802.11ac(3×3)対応に加えてデュアルバンド通信に対応し、、最大1300Mbps(5GHz) 、450Mbps(2.4GHz)での高速通信が可能。新たな機能として、混在したバンドを回避する「DFS障害回避機能」、固定契約なしにIP接続できリモートアクセスに便利な「無料TPダイナミックDNSサービス」、自宅ルーターを外出先から管理できる「TP-Link Cloud機能」を搭載した。

LAN/WANともにギガビット対応

 LAN×4ポート、WAN×1ポート(いずれもギガビット対応)。価格は9720円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン