このページの本文へ

Google ChromecastとAmazon Fire TV対応ネットワークカメラ

2019年06月06日 19時20分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ティーピーリンクジャパンは6月6日、3年保証付きのネットワークカメラ「Kasaカメラ KC100」を発表した。販売開始日は6月20日、市場想定価格は6600円前後。

 1080pで映像録画が可能。ナイトビジョンに対応しており、夜間でも最大6m以内の動作を検知することができるという。

 130度の広角アングルのレンズは、部屋の大部分を捉えることができるとのこと。

 録画した映像はアプリ上からいつでも確認可能。映像は音声も録音しており、Kasaアプリを通じてスマートフォンなどで相互通話ができる。また内蔵センサーが動作や音を検知した際に、通知が届く。

 Google ChromecastとAmazon Fire TVに対応し、Echo SpotとEcho Showで映像の確認できる。IFTTTにも対応しており、オリジナルのスマートホーム構築も可能だという。

 最大4つのアクティブゾーンを設定してアラームの重複を防ぐ、Kasaアプリからカメラの動作時間をスケジューリングするなどのカスタマイズも可能。

 平らな場所や、付属の設置キットで壁に固定ができるため、アングルを変えることで簡単に最適なカメラ配置ができるという。

 プラグを含むサイズは幅59×奥行き49.6×高さ88.6mm、重さ70g。解像度は1920×1080ドット。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン