このページの本文へ

ゴルフ場で、農場で、広い範囲をWi-Fiエリアに

ティーピーリンク、2.5km以上の長距離伝送も可能な屋外専用アクセスポイント「CPE510」

2017年10月17日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CPE510

 ティーピーリンクジャパンは10月16日、中小企業向けの無線LANアクセスポイントとして、屋外専用設計で長距離範囲で利用できる「CPE510」を発表。10月20日に発売する。

 5GHz帯で300Mbps通信が可能。高利得13dBiの2×2デュアル偏波指向性MIMOアンテナを内蔵するなど屋外使用を前提として設計され、2.5km以上の範囲もカバーできる。ゴルフ場や農場、公共施設などの広い施設でのWi-Fi環境構築を可能とする。

電波は指向性を持ち、農場やゴルフ場など広い範囲をカバーできる

 特別に設計された外装に加えてPoE電源にも対応するほか、同社独自のTP-Link Pharos MAXtreamテクノロジーにより、ポイントツーマルチポイント環境でTDMA(時分割 多元接続)すれば高スループットやレイテンシーのパフォーマンスを向上できるという。

 本体サイズはおよそ幅79×奥行き60×高さ224mm、重量はおよそ0.305kg。価格は1万1900円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン