このページの本文へ

最大2167Mbpsの高速Wi-Fi通信、NitroQAM対応ルーター「Archer C5400」

2016年11月08日 18時30分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fiルーター「Archer C5400」「Archer C3150」「Archer C55」の3製品、Wi-Fi中継機「RE450」、ホテルルーター「TL-WR802N」を発表した。店頭想定価格と発売日は、Archer C5400が2万9800円(税別)で12月末、Archer C3150が1万9800円(税別)で11月中旬、Archer C55が5180円(税別)。RE450は、7180円(税別)で11月8日発売。TL-WR802Nは、2180円(税別)で11月8日発売。

トライバンド対応「Archer C5400」

 Archer C5400は、5GHz×2/2.4GHz×1のトライバンド対応をうたうWi-Fiルーター。4×4 NitroQAM(1024QAM)をサポートしており、5GHz帯11ac×2でそれぞれ最大2167Mbps、2.4GHz帯11nで最大1000Mbpsの高速通信が可能。MU-MIMO、VPNパススルー(PPTP、L2TP、IPSec)、ポート開放(ポートトリガー)、リンクアグリゲーションなどをサポートしている。

「Archer C5400」
アンテナを折りたたんだ状態底面

 このほか、有線LAN(1000BASE-T)×5(1ポートはWAN用)、USB 3.0端子、USB 2.0端子を搭載。サイズは、約幅230×奥行き230×高さ43mm。

背面側の端子類

NitroQAM(1024QAM)対応の「Archer C3150」

 Archer C3150は、4×4 NitroQAM(1024QAM)対応のWi-Fiルーター。5GHz帯11acで最大2167Mbps、2.4GHz帯11nで最大1000Mbpsの高速通信が可能。有線LAN(1000BASE-T)×5(1ポートはWAN用)、USB 3.0端子、USB 2.0端子を搭載。MU-MIMO、VPNパススルー(PPTP、L2TP、IPSec)、ポート開放(ポートトリガー)、リンクアグリゲーションなどをサポート。サイズは、約幅263.8×奥行き197.8×高さ37.3mm。

「Archer C3150」
側面および背面

「Archer C55」「RE450」

 Archer C55は、11ac(2×2)対応Wi-Fiルーター。1000BASE-T対応WANポート、100BASE-T対応LANポートを採用。RE450は、11ac(3×3)対応のWi-Fi中継機。有線LAN(1000BASE-T)も搭載している。サイズは幅163×奥行き76.4×高さ66.5mm。Wi-Fiのカバー範囲は最大929平方mとしている。

「Archer C55」
「RE450」
「RE450」左右側面

ホテルルーター「TL-WR802N」

 TL-WR802Nは、サイズ幅57×奥行き57×高さ18mmの小型Wi-Fiルーター。有線LANしかない環境でTL-WR802NにLANケーブルを挿すと、11b/g/n対応の簡易Wi-Fiルーターとして利用できる。VPNパススルー(PPTP、L2TP、IPSec)、ポート開放(ポートトリガー)などに対応。

「TL-WR802N」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン