このページの本文へ

2017年の時計業界を展望!「バーゼルワールド2017」レポート第7回

元ソニモバ社員が手がける、北欧の新時計ブランド「Kronaby」は秋に日本上陸!

2017年04月01日 12時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スイス・バーゼルで開催された「Baselworld 2017」に、スウェーデン発の新ブランド「Kronaby」が出展していました。注目すべきは、元ソニーモバイルの開発者が立ち上げた新ブランドであるという点です。

Baselworld 2017の「Kronaby」ブース

元ソニーモバイルの開発者が新会社を設立

 Kronabyブランドを展開するのは、スウェーデンのマルメーを本拠地とするAnimaというベンチャー企業。中国企業の資本をベースに、2017年4月からKronabyブランドのコネクテッドウォッチを展開しようとしています。

クラシックデザインの「SEKEL」シリーズ

 Kronabyの中心となっているのは、25~30人の元ソニーモバイル従業員とのこと。彼らはスウェーデンで「SmartWatch 3」の開発を手がけていたものの、ソニーの方針転換により、新会社の設立に至ったようです。

 この話を聞いてちょっと心配になったのは、ソニーモバイルのSmartWatchシリーズは今後どうなってしまうのか、という点ですが、ソニーモバイル側は事業として継続していくと説明しています。

ハイブリッド型でスマホアプリと連携

 ソニーモバイルのSmartWatchシリーズは、文字盤全体をディスプレーとしたスマートウォッチでした。これに対してKronabyは、最近増えているクォーツ時計にスマート機能を追加したハイブリッド型を採用。Bluetooth 4.1(BLE)でiPhoneまたはAndroidスマホと連携します。

アプリはiPhone、Androidに両対応

 ハイブリッド型を採用した理由としてKronabyの担当者は、「スマートフォンのように画面を見過ぎてしまうのが問題だ」と説明しています。

 Kronabyのアプリでは、バイブレーションを3種類から選べるようになっており、通知の重要性に応じて使い分けることを狙っています。腕時計は常に身に付けるものであり、重要性の低い通知にいちいち割り込まれたくない、というコンセプトです。

 側面にはボタンとクラウンを備えており、「カメラのリモートシャッター」「電話を探す」「音楽再生」「着信時の通話拒否」といった機能にも対応。スマートウォッチで問題になりがちなバッテリーについても、ボタン電池(CR3032)で最大2年動作するため、毎日充電する必要がないのもポイントです。

日本にも2017年秋に上陸へ

 2017年1月に発表した最初のコレクションは、「APEX」「SEKEL」「NORD」「CARAT」の4シリーズ。いずれも北欧発のデザインコンセプトを採用しており、スカンジナビアデザインが好きな人にはたまらないラインアップです

 スマート機能についてはどのモデルも共通で、本体サイズやバンドの種類によって価格が異なります。サイズは43mmと38mmの2種類、価格帯は345ユーロから595ユーロに設定されています。

ハイエンドの「APEX」43mmのブラックモデル。価格は595ユーロ
北欧ミニマルデザインの「NORD」シリーズは38mmのみで、345ユーロ
磨き上げた宝石をイメージした「CARAT」シリーズは395~445ユーロ

 2017年4月時点の発売地域は、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、ドイツ、フランス、スペイン、英国と欧州市場がターゲットです。

 しかし2017年秋には、日本にも上陸する計画があるとのこと。ブースで話を聞かせてくれたKronabyの担当者は、品川のソニー本社でも働いた経験があり、日本食も大好きだそうです。日本でも北欧デザインの時計は人気が高いだけに、Kronabyと日本はかなり相性の良い組み合わせになりそうです。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン