このページの本文へ

画面は大型化するも、本体幅はさらに短く

Galaxy S8が正式発表! 18.5対9の縦長デュアルエッジスクリーンと新UIを搭載

2017年03月30日 04時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子は、日本時間3月30日にニューヨークで開催した新製品発表会「Galaxy 2017 Unpacked」において、新型スマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表しました。

ディスプレーは大型化しながらもさらに持ちやすく

 Galaxy S8とS8 Plusは、同社がいままで製品名に「edge」と付けていた製品と同様の「デュアルエッジスクリーン」を採用。Galaxy S8は5.8型ながら幅は68.1mmと、5.5型の従来機「Galaxy S7 edge」よりも逆に4.5mmもコンパクトになっています。また、Galaxy S8+はその名のとおり、大型機で6.2型で73.4mmです。

左からGalaxy S8、S8+

左からGalaxy S8、S7 edge、S8+

左からiPhone 7、Galaxy S8、Galaxy S8+、iPhone 7 Plus

 ディスプレーのアスペクト比は18.5:9とかなり縦長なのが外見上の特徴で(画面解像度は1440×2960ドット)、画面を分割して2つのアプリを同時に動かすマルチタスク機能使用時に効果を発揮。たとえば、画面上に動画の視聴画面を配置しているとき、下のアプリで文字入力をしようとすると、従来では動画が隠れてしまっていましたが、縦長のこのディスプレーではその心配がなくなります。また、横にして動画を観るときは21:9の作品でも上下の余白が少なく済みます。

動画視聴中にキーボードを使っても動画が隠れない

新しいマルチウィンドウ機能では、アプリの一部を切り取り、常時表示できるようになった

 また、Galaxyシリーズは長らく画面外部のセンサーキー(ホームボタンは物理キー)を採用していましたが、Galaxy S8/S8+では画面内に表示するソフトウェアキーを採用。また左側に履歴キー、右側に戻るキーという多くのAndroidスマホの逆の配置を続けてきましたが、それらの位置を逆転できるようになりました。

設定→ディスプレイ→ナビゲーションバーから変更可能

スマホがさらに賢くなる新UI「Bixby」

Bixbyの4つの機能

 さらに、Galaxy S8/S8+では新しいUI「Bixby」(ビックスビー)を採用しました。Bixbyは、撮った写真に写っている建造物や商品、テキストなどを検索できる「Vision」、「A君に昨日撮った写真を送って」など自然言語で端末を操作できる「Voice」、アプリの利用頻度や習慣を分析して機能やアプリをレコメンドする「Home」、時間だけでなく場所を指定して任意の通知を出せるようになった「Reminder」の4つ機能から構成されています。左側面には「Bixbyボタン」が配置されており。いつでもBixbyの各機能を呼び出せます。

 なお、サービス開始当初の対応言語は英語や韓国語、中国語などになり、日本語は含まれていません。

左側面の音量キー下には「Bixbyボタン」がある

Bixbyホーム

Bixbyの画像検索をしたところ

スペックはハイエンド機の構成で
Galaxy Note 7ゆずりの「虹彩認証」も搭載

 基本スペックは、10nmのプロセスルールを採用したオクタコアのSoC、メモリーは4GB、ストレージは64GBとハイエンドシリーズである「Galaxy S」らしい構成。Galaxy S7 edgeでも好評だったmicroSDXCカードの追加やIP67相当の防水防塵性能、ワイヤレス充電(Qi)にも対応しています。

 カメラ性能は背面1200万画素でF値1.7とS7 edgeと変わりませんが、正面は800万画素でF値1.7と高画質化し、AFにも対応となりました。

 また、グローバルで発売が取りやめになった「Galaxy Note 7」で採用されていた虹彩認証にも対応。指紋センサーは背面にあるので、好きな方を利用できます。

「SNOW」的な機能など写真編集機能も強化された

端末上部左側に虹彩認証などのセンサーがある

  Galaxy S8 Galaxy S8+ Galaxy S7 edge
SC-02H(参考)
ディスプレー 5.8型有機EL 6.2型有機EL 5.5型有機EL
画面解像度 1440×2960ドット 1440×2560ドット
サイズ 68.1×148.9×8mm 73.4×159.5×8.1mm 73×151×7.7mm
重量 155g 173g 158g
CPU (オクタコア) Snapdragon 820
2.1GHz+1.6GHz
(クアッドコア)
メモリー 4GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB
外部メモリー microSDXC(最大256GB) microSDXC
(最大256GB)
OS Android 7.0 Android 6.0→7.0
カメラ画素数 リア:12メガ/イン:8メガ リア:12メガ
/イン:5メガ
バッテリー容量 3000mAh 3500mAh 3600mAh
防水/防塵 ○/○ ○/○
カラバリ Midnight Black、Orchid Gray、Arctic Silver、Coral Blue、Maple Gold Black Onyx、White Pearl、Pink Gold、Blue Coral

新型360度カメラも含めて日本展開に期待!

Gear 360の新型も登場

 そのほか、サムスンは4K解像度に対応した360度カメラ「Gear 360」の新型も発表。従来はGalaxy Sシリーズの一部でしか使えませんでしたが、新型は「Galaxy A5」などのほかのGalaxy端末、そして一部に機能制限はあるもののアップルのiOSにも対応します。

 Galaxy S8、Galaxy S8+、そしてGear 360の日本展開は現状では未定。通例から言えば、国内主要キャリアの夏モデル発表会に合わせて登場しており、日本展開も期待できるものと言っていいでしょう。その頃にはスマホの新しい使い方を提案する「Bixby」の日本語対応も期待したいところです。

Galaxy S8(Coral Blue)

正面

背面

下側面

左側面

上側面

右側面

Galaxy S8+(Maple Gold)

正面

背面

下側面

左側面

上側面

右側面

■関連サイト

カテゴリートップへ

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ