このページの本文へ

Socket AM4マザーボード大全 第4回

絶好調なRyzen! マザーはどれを買う?【GIGABYTE編】

2017年03月30日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独自機能に惹かれるオールラウンダーな
「GA-AX370-GAMING 5」

 3万円を切る価格帯ながら、多機能なプレミアムゲーミングブランド「AORUS Gaming」に属する「GA-AX370-GAMING 5」は、オールラウンダーな1枚になっているので注目だ。

「AORUS Gaming」に属する「GA-AX370-GAMING 5」

デュアルギガビットLANや4つのUSB3.1 Gen2対応ポートなどを搭載

 注目度大なのが、ゲーミングPCで重要なオーディオ回路。フロントとリアそれぞれにSN比120dBAのRealtek最新オーディオチップの「ALC1220」を搭載。さらに接続したヘッドホンやイヤホンのインピーダンスを自動で認識して、音量や歪みを抑える「Smart Headphone Amp」にも対応している。

Realtek「ALC1220」をフロントとリアそれぞれに搭載

ヘッドホンやイヤホンのインピーダンスを自動認識する機能をフロントとリアのオーディオチップそれぞれに搭載する「Dual Smart Headphone Amp」

Creative「Sound Blaster X-Fi MB5」が付属。ゲームのジャンルにあわせて音響効果をカスタマイズだ

専用の電源回路を備え、電圧の低下やノイズを減らす「USB DAC-UP2」を採用したUSBポートを装備(リアのイエローポート)。USB DACやゲーミングデバイスに◎

 そのほか、ネットワークにはインテル製チップとRivet Networks製「Killer E2500」によるデュアルギガビットLANを搭載している。

安定性に定評のあるインテル製チップと「Killer E2500」を搭載。好みで使い分けよう

「GA-AX370-GAMING 5」スペック表(※Ryzen CPU搭載時)
フォームファクター Micro ATX
チップセット AMD X370
メモリー DDR4-3200+(OC)対応×4、最大64GB
拡張スロット PCI Express (Gen3) x16×2(x16または、x8×2動作)、PCI Express (Gen2) x16×1(x4動作)、PCI Express (Gen2) x1×3
マルチGPU NVIDIA SLI、 AMD CrossFireX
ストレージ M.2×1(PCI Express Gen3 x4)、U2ポート×1、SATA3.0 6Gbps×8(SATA Express×2)
インターフェース HDMI×1、USB 3.1 Gen2×4(Type A×3、Type C×1)、USB 3.1 Gen1×8(背面×6、ヘッダピン×2)、USB 2.0×2(ヘッダピン)、PS/2×1
ネットワーク ギガビットLAN×2(Intel、Rivet Networks Killer E2500)
サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1120×2)、Creative「Sound Blaster X-Fi MB5」
価格 2万7000円前後

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中