前へ 1 2 3 次へ

Socket AM4マザーボード大全

絶好調なRyzen! マザーはどれを買う?【ASRock編】

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 久しぶりにインテルと真っ向対決となっているAMDの次世代CPU「Ryzen」。CPUアーキテクチャーだけなく、CPUソケット形状、チップセットを刷新し、Socket AM4プラットフォームに移行。

 これにより、DDR4メモリーやPCIe Gen3×4 32Gb/s(APU搭載時は16Gb/s)をサポートするなど、インテルに大幅に後れを取っていた機能面が強化されるともに、ゲーミング向け機能やLEDイルミネーションギミックの採用といった最新マザーボードならではの特徴を満載。

 バリエーションは、さすがにLGA 1151プラットフォームには及ばないが、各社の特徴を備えた製品が登場している。

 ここでは、ASRock/ASUS/BIOSTAR/GIGABYTE/MSI(アルファベット順)の5社から発売されているAM4マザーボードを紹介していこう。

発売当初、品薄だったSocket AM4マザーボードだが、徐々に解消中だ

販売中マザーのチップセットは2種類

 各社のマザーボードを紹介する前に、Socket AM4プラットフォームの復習をしておこう。

 Socket AM4は、「Ryzen」に加え、AMD第7世代APUの“Bristol Ridge”にも対応している。そのため、HDMI端子などの出力インターフェースを装備している製品も多いが、当然、GPUを内蔵していない「Ryzen」では出力インターフェースは使用できないので、注意しよう。

 また、「Ryzen」と第7世代AシリーズAPUでは、メモリーの動作クロック、PCI Express (Gen3)、M.2スロットの転送速度が変化する点も覚えておこう。

 Socket AM4向けのチップセットは、最上位でハイエンド向けの「X370」、メインストリーム向けの「B350」と「A320」、Mini-ITXなどのスモールフォームファクター向けとなる「X300」、「A300」を用意されているが、現状販売中のマザーボードに採用されているのは「X370」と「B350」の2種類になっている。

SATA3.0(6Gbps)やUSB3.1 Gen1ポートの数や、マルチGPUのサポートなど、「X370」と「B350」の機能差は少ない

ラインアップ豊富なASRock

 ここからは、コストパフォーマンスに定評があり、選択肢も豊富なASRockのSocket AM4マザーボードを紹介していこう。

 ASRockは3万円を超えるハイエンドクラスから1万円前後となるエントリークラスまで、7製品をラインアップしている。

ASRockのSocket AM4マザーボードは、7製品をラインアップ

 LGA 1151プラットフォームでは、ハイエンドからエントリー、ローエンド、スモールフォームファクターまで、ユーザーのニーズに応える幅広いラインナップを用意するASRock。

 Socket AM4マザーボードは、ASRockおなじみのゲーミング向けの「Fatal1ty Gaming」に、オールラウンダーな「Taichi」、リーズナブルな「Pro」、そしてコスト重視の無印(HDV)が販売中。

ASRockの最新機能をAM4マザーに継承

 Intel 200シリーズで採用されたASRockの特徴は、しっかりSocket AM4マザーボードにも受け継がれており、2基のM.2スロットや重量のあるビデオカードも安心なスチールカバーを備えるPCIe×16スロットを装備するほか、リアパネルカバーやオーディオカバー、チップセットヒートシンクなどを彩るLEDイルミネーション機能の「RGB LED」や、同社の定番OC向け機能となる外部クロックジェネレーター「Hyper BCLK Engine II」の実装といったASRockの最新機能を満載している。

 なお、M.2スロットの転送速度は、PCIe Gen3.0×4 32Gb/s(Ultra M.2 Socket)と、PCIe Gen2.0 ×4 20Gb/sやSATA3.0 6Gbps(M.2 Socket)など、製品で異なるがリーズナブルな「Pro」ブランドを含め2基装備だ。

「Fatal1ty Gaming」と「Taichi」には、「RGB LED」機能を搭載。さらにLEDピンヘッダーは、最大2基に強化だ

多くのモデルが、「Ultra M.2 Socket」と「M.2 Socket」のM.2スロット×2仕様になっている

ASRockの定番OC機能「Hyper BCLK Engine II」。ベースクロックでのOC時に効果を発揮だ

「Fatal1ty Gaming」と「Taichi」シリーズは、PCIeスロットにスチールカバーを採用。ビデオカードの信号干渉を抑え、重量のあるカードをしっかり支える

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月