このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

iPhone&スマホのオーディオを高音質化する!第2回

ハイレゾ音源を高音質で聴ける1~2万円のヘッドフォン/イヤフォンはコレだ!

2017年03月25日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カスタマイズ可能なハウジングが特徴
ベイヤーダイナミック「CUSTOM STREET」

ベイヤーダイナミックの「CUSTOM STREET」。ハウジングも比較的コンパクトになっており、シンプルですっきりとしたデザインだ
ベイヤーダイナミックの「CUSTOM STREET」。ハウジングも比較的コンパクトになっており、シンプルですっきりとしたデザインだ

 最後はベイヤーダイナミックの「CUSTOM STREET」(実売価格 1万7000円前後、販売はティアック)。このモデルは、ハウジングのカスタマイズが可能なシリーズのコンセプトを受け継ぎながら、よりコンパクトなデザインとなったストリート仕様のモデルだ。

 ハウジングは外側のカバーを取り外すことができ、好みのイラストなどを組み込んでオリジナル仕様のデザインに仕上げることができる。

ハウジングのカバーを取り外したところ。付属するカバープレートに交換してもいいし、自分の好きなシートを自作してもいいだろう
ハウジングのカバーを取り外したところ。付属するカバープレートに交換してもいいし、自分の好きなシートを自作してもいいだろう

 製品にも16種類のデザインが用意されているが、自分の好きなイラストやデザインを組み合わせるのも面白いだろう。また、外側のカバーは別売で4色セットが用意されている。ボディカラーはホワイトとブラックの2色だ。

CUSTOM STREETのハウジング部分。左右のハウジングの両方にヘッドフォン端子があり、どちらに接続しても使えるようになっている ハウジングにあるカスタムサウンドスライダー。3段階に調整が可能で、低音の鳴り方が変化する
CUSTOM STREETのハウジング部分。左右のハウジングの両方にヘッドフォン端子があり、どちらに接続しても使えるようになっているハウジングにあるカスタムサウンドスライダー。3段階に調整が可能で、低音の鳴り方が変化する
ハウジング内側のドライバーユニット。口径は未発表だが、大口径のユニットが使われているものと思われる スマホ用のリモコン。一般的な3ボタンタイプとなっている。裏側には通話用のマイクも内蔵されている
ハウジング内側のドライバーユニット。口径は未発表だが、大口径のユニットが使われているものと思われるスマホ用のリモコン。一般的な3ボタンタイプとなっている。裏側には通話用のマイクも内蔵されている

 使用するユニットはダイナミック型で、感度は103dB、インピーダンス38Ωとスマホや携帯プレーヤーとの使用に合わせた鳴らしやすいものとなっている。

 大きな特徴としては、低音を増強する「カスタムサウンドスライダー」を装備しており、低音感を好みや楽曲に合わせて調整できる。

 接続コードは着脱式で左右のどちらのハウジングにも取り付け可能。しかももう一方は出力端子としても動作するので、2台のCUSTOM STREETをディジーチェーンでつなげば、同じスマホの楽曲を2人で楽しむこともできる。

ヘッドバンド部は折り畳み式になっており、携帯時にはコンパクトに収納ができる ヘッドバンド部は折り畳み式になっており、携帯時にはコンパクトに収納ができる

 携帯時は折り畳んでの収納が可能で、軽量なセミハードケースも付属している。

 装着感は軽快で、比較的コンパクトなハウジングながらも耳をすっぽりと覆い、耳が当たって痛くなるような感じはない。

 側圧もほどほどなので締め付けられるような窮屈さがないのもよい。軽量で着け心地が快適なので、屋外でも気軽に使えるだろう。

ストリート系っぽい外観とは裏腹に
柔らかい感触が特徴的

 ストリート系というと重低音志向にも感じるが、本機の音はどちらかというと女性的な柔らかい感触が特徴的。中高域の情報量は多く、音数も多めだが、音の感触がソフトで聴き心地の良い音になる。オーケストラを聴いても、スケール感はしっかりと出て力強さも十分にある。あくまでも耳当たりがソフトで聴き心地が良いのだ。

 ポップス曲を聴くと、女性ボーカルの再現は実に魅力的で可愛らしい声の再現と強弱や抑揚の変化の細やかさで、声の魅力がよく伝わる。歌に込めた感情もよく出ている。ピアノの音色もパワフルでありながらコロコロとよく弾む。低音の調整を試してみると、量感はさらに増してくるが、そのぶん落ち着いた感じが強くなる傾向もある。好みにもよるが弾むような鳴りの良さを楽しむならば、最小の位置が良さそうだ。

 鮮明で絹の生地のようなきめの細かさとなめらかさを感じる音はなかなか上質。ガツンと来るようなパワー感を求める人には物足りなさもあるが、ボーカルを魅力たっぷりに聴きたいという人ならば、ぜひオススメしたい音だ。

スマホでハイレゾ音源を存分に楽しむなら
ポータブルヘッドフォンアンプが必須!

 今やスマホで音楽を聴く人の数は多く、スマホで使うことを前提に音質を磨いたモデルも数多く登場してきている。こうしたモデルは、スマホと直接接続して聴いても十分に良い音で鳴るので、コストパフォーマンスの点でもうれしい。

 とはいえ、音の世界にはもっと上がある。本格的な高音質ヘッドフォン/イヤフォンとなると、スマホなどでは鳴らしにくいモデルもある。

 こうした世界に足を踏み入れるなら、ポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)に注目したい。もちろん、今回紹介したようなモデルと組み合わせてもさらなる音質のグレードアップが期待できる。次回はそんなポタアンを紹介していく。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン