このページの本文へ

開発費の増加や市場の減速などが原因

ニコン、プレミアムコンデジ「DLシリーズ」の発売中止を発表

2017年02月13日 19時58分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DL18-50 f/1.8-2.8

 ニコンは2月13日、発売時期を未定としていたプレミアムコンパクトデジタルカメラ「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」の発売中止を発表した。

 DLシリーズは、発表当初2016年6月発売予定としていたが画像処理用のICに不具合が判明し発売を延期していた。その後開発に取り組んできたが、開発費が増加したことや市場の減速にともなう販売想定数量の下落等も考慮して、収益性重視の観点から発売中止を決定したという。

 DLシリーズの製品名には35mm版換算の焦点距離と開放F値が含まれており、全機種ズーム機でDL18-50が光学2.8倍、DL24-85が光学3.6倍、DL24-500が光学21倍。いずれも1インチの裏面照射型CMOSセンサー(有効2081万画素)を採用し、画像処理エンジンには「EXPEED 6A」を搭載。位相差AF追従で最高約20コマ/秒の高速連写ができるほか、4K(30コマ)の動画撮影も可能だとしていた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン