このページの本文へ

エンタープライズ事業は富士通とともに今後とも拡大する予定

ニフティ、コンシューマー事業をノジマに譲渡するなど再編を発表

2017年01月31日 20時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニフティ

 ニフティおよび富士通は1月31日、エンタープライズ向け/コンシューマー事業などの再編を発表した。

 クラウドを中心とするエンタープライズ事業に関しては、4月1日をもって発足する富士通クラウドテクノロジーズが引き継ぐことなり、富士通のクラウドサービスの「MetaArc」、「FUJITSU Cloud Service K5」とともにクラウド事業ので連携を図る。

 IPSを中心とするコンシューマー事業は4月1日をもってノジマに譲渡。これまでのIPS、ウェブサービスとともにノジマの営業力を活用しながら拡大を目指すとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ