このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第69回

最大30分まで録音可能

LINEでボイスメッセージを送る方法

2017年01月24日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:文字では伝えづらいことがあるんだけど……
A:ボイスメッセージを送ろう!

 LINEではボイスメッセージが送れる。ボイスメッセージとは、音声を録音してトークで送れる機能のこと。声だから伝わることもあるし、文章を打ち込まなくても楽に送れるので、うまく使えば便利な機能だ。

 今回は、ボイスメッセージを送る方法と共に、保存する方法もご紹介したい。

ボイスメッセージを送ってみよう

 まず、iPhoneの「設定」→「LINE」→「マイク」をオンにして、マイクがLINEにアクセスできるようにしておこう。

iPhoneの「設定」→「LINE」→「マイク」をオンにしておこう

 ボイスメッセージを送るには、LINEアプリを起動してボイスメッセージを送りたい相手とのトーク画面を開き、左下の「+」アイコンをタップ。続いて、「ボイスメッセージ」をタップ。なお、メッセージを送る欄の右端のマークをタップして「ボイスメッセージ」を選んでも送ることができる。

左下の「+」アイコンをタップ「ボイスメッセージ」をタップ
メッセージを送る欄の右端のマークをタップして「ボイスメッセージ」を選んでもよい

 マイクボタンを長押ししている間、録音できる。最大30分間まで録音可能だ。指を離すと投稿される。投稿をキャンセルしたいときには、長押ししていた指を離さないでスライドさせるとキャンセルできる。

マイクボタンを長押ししている間録音でき、指を離すと投稿できる長押ししていた指を離さないでスライドさせると投稿をキャンセルできる

ボイスメッセージを聞いたり保存しよう

 もらったボイスメッセージを聞くには、再生マークをタップするだけでよい。なお、ボイスメッセージにも「既読」マークが付くが、トークを開いた時点で付いてしまうので、再生したかどうかはわからない仕組みだ。

ボイスメッセージの再生マークをタップすると聞くことができる

 もらったトークを保存したいときには、ボイスメッセージを長押し→「Keep」→下部の「保存」をタップで保存できる。あるいは、ボイスメッセージ右下の共有マークをタップし、「Keepに保存」を選んでもよい。さらには、ボイスメッセージ右下の共有マークをタップして「メールで送信」をタップし、自分のメールアドレスを入力して送信し、受信したメールの添付ファイルを長押しして保存してもよい。

ボイスメッセージを長押し→「Keep」とタップ下部の「保存」をタップで保存できる
ボイスメッセージ右下の共有マークをタップし、「Keepに保存」をタップしてもよいボイスメッセージ右下の共有マークをタップして「メールで送信」をタップし、自分のメールアドレスを入力して送信
受信したメールの添付ファイルを長押ししよう右から2つ目の保存マークをタップで保存できる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン