このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第176回

高性能SIMフリースマホ、ZenFone、honor、Motoのバッテリーを比較!

2017年01月16日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

充実の機能はZenFone 3 Deluxe?
honor 8はわかりやすく、Moto Zはシンプル

 最後に3機種の独自機能や小技を紹介していく

 ZenFone 3 DeluxeはDSDS対応のデュアルSIM対応機種。そのため設定を見るとデュアルSIM関連の設定があるので、MVNOを複数使っている人や海外での利用を考えている人はぜひチェックしてもらいたい。通話の録音機能もあり、大事な話をするときには重宝するはず。

 画面の色温度、カラーモード設定があり、バイブレーターの振動を着信や通知時で変えられるのも、サイレントで利用する人には便利そう。ジェスチャーや大画面用に片手操作モードもあり。

画面の色温度やバイブの度合いを変更するモード

 省電力設定やロック画面の設定、スクリーンショットの設定まで細かく用意されているほか、簡単モードには子ども向け「キッズモード」もあり、ZenFone独自のアプリ、UIなどこれならそうそう飽きないだろうというスマホだ。

省電力やロックスクリーンのカスタマイズなど、ZenFoneシリーズは基本的に機能はかなり多い部類の端末だ

 honor 8には通信速度の向上や安定が見込める「LINK+」やフローティングボタンをはじめとした「スマートアシスト」など、使ってみたいと思わせる機能が充実。

ファーウェイ独自のEMUIを搭載。フローティングボタンは画面の左右からのフリックで主要機能にアクセスできる機能

 ブルーライトカットモード、省電力設定、シンプルなホーム画面もある。スクリーンショットのひとつに「スクロールショット」があり、縦に長いページなどを保存するのに便利。ZenFoneほど細かい設定が多いわけではなく、そのぶんひとつひとつの設定変更がわかりやすい。

省電力では画面解像度を落とすという設定も可能。また縦に長い画面を自動でスクロールしてキャプチャしてくれるという機能がある

 Moto Zは設定自体は素のAndroidからさほどカスタマイズされておらず標準的な内容。たとえばデュアルSIMの設定を見るとZenFoneよりもシンプルな項目だ。画面、音、省電力設定にも特段工夫は見られない。オプションのMotoModsのための設定はあるものの、外観が個性的なのとは対照的。しかし下手にいじられているよりもわかりやすいかもしれない。

基本的には素のAndroidに近い操作画面が特徴

省電力回りについても同様だが、Moto Mods用の設定が用意されている


honor 8が3勝目で優勝! コスパの高さが印象的

 スタミナ勝負でも1度勝ち、honor 8を3勝目としたい。総合優勝もhonor 8だろう。やはり初回の価格の安さが効いている。それでも他の2機種より勝るシーンも多々あるのだから、本当にコスパが良い機種だ。

 一方、1勝に終わったMoto Zはサクサクとした操作性でストレスなく使えそう。そしてMotoModsというオプションを組み合わせる楽しさはほかのスマホとハッキリ差別化できる機能だ。高価とはいえMVNOと組み合わせればキャリアのスマホより安いので、尖った端末が欲しい人はぜひ購入の候補に入れてもらいたい。

 ハッキリとした勝利は得られなかったZenFone 3 Deluxeだが、今回のスタミナ勝負のように個別のテストで勝ち星は挙げている。ベンチマークテストこそ苦手だったが、使っていて他の2機種との差はほとんど無い。無印のZenFone 3やより高スペックな5.7型のZenFone 3 Deluxeもあり、au VoLTE対応も考えると、ユーザーのニーズに応えやすい1台と言えそうだ。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン