このページの本文へ

家庭にもプロジェクターと有機ELテレビが普及!? AV機器の未来はこうなる! 第3回

2017年はソニー、パナソニック、LGの有機ELテレビが目玉! CES会場ブースでビジュアル機器をチェック

2017年01月12日 12時00分更新

文● 折原一也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CES全体としては韓国メーカーが注目を集める

LGの「LG OLET W」

LGの「LG OLET W」

 日本メーカーという色眼鏡を外して考えると、CES 2017で最も注目を集めていたテレビは韓国LGの「LG OLED TV W」だった。

 プレスカンファレンスでも発表された有機ELパネルの2.57mmという、過去最大級の“薄さ”は圧巻。

壁に貼れるほどの薄型が特徴

壁に貼れるほどの薄型が特徴

 「ペーパーディスプレイ」といううたい文句をまさに実現する、壁にマグネットを使って貼り付ける設置方法を2017年に実際に発売するモデルで実現してしまうのだ。

 外付けチューナーを兼ねたサウンドバーは「Dolby Atmos」にも対応。薄型テレビの未来像として最も注目を集めていた。

液晶テレビにも注目の新技術が続々登場!

ソニーの「X93E」シリーズ

ソニーの「X93E」シリーズ

 有機ELと比べると大きくトーンダウンするが、液晶テレビもいくつか紹介しておこう。

 まず、日本で発売確実なモデルがソニーの「X93E」シリーズ。エッジLEDライトでエリア駆動が可能な「Slim Backlight Drive +」(“+”が付いたのが新しい)を搭載し、OLEDと同じ「X1 Extreme」のエンジンを搭載するミドルハイの位置づけの機種だ。

LGによる「Nano Cell Display」の展示

LGによる「Nano Cell Display」の展示

 他メーカーでは、LGが液晶の新技術として「Nano Cell Display」を発表。LEDバックライトに塗布する新技術で広色域と広視野角を両立する。

サムスンは「QLED」をアピール

サムスンは「QLED」をアピール

 ライバルの韓国サムスンは「QLED」という新ブランドを打ち出し、「Quantum Dot」(量子ドット)シートを採用した自社製品の画質アピールに熱心だった。

 目下、サムスンが日韓メーカーで唯一、OLEDテレビを展開していない(他社製パネルでさえも)ということで液晶に全力投球したいという思惑の表われだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画