このページの本文へ

なにこれサイコーじゃん! アップル「AirPods」の実機は週イチ充電で聴きまくれる無線イヤホンだった

2016年12月19日 18時45分更新

文● イトー / Tamotsu Ito

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

連続再生はリアルに5時間、実質は20時間以上使える

 これまでBluetoothイヤホンを何本か使ってきてますが、選ぶ際、特に気にするのは3点。

1)音質が満足いくものか
2)装着感が良いか
3)バッテリーは十分のもつか

 1)と2)は十分なレベルなことがすぐにわかったので、問題は3)のバッテリー駆動時間です。まずバッテリーが切れるまでずっと音楽を聴き続けた場合。約4時間50分経過したあたりでバッテリー低下の警告音が鳴り始め、ほぼ5時間ちょうど経過したころに左耳の再生が切れ、5時間5分で右耳も含めて完全にバッテリーが切れました。

 ちなみに、3時間だけ音楽を聴いて、あとはケースに入れずに放っておいてみた場合では、約12時間でバッテリーが切れています。

 話を戻して、連続再生時間だけを見ると、片道1時間程度の通勤通学だと2日使うとバッテリーが切れるという計算になります。

 ただし、実際の利用シーンでは充電器を兼ねるケースの存在がポイントです。この小型さのために未使用時は毎回充電ケースにしまうことになるはず(そうしないと一週間と経たず紛失しそうです。少なくともポケットに素で突っ込んでおく気にはなりません)。

 ケースの充電能力は、AirPods本体を0%から100%まで充電して17%〜20%バッテリーが減るので、約5回は充電できる計算。

 ということは、実質的にはおよそ20時間は、「充電」してる感覚なしで使えるわけです。片道1時間の通勤で使う僕の使い方なら、ケーブルに接続しての充電は、1週間に一度で十分、ということになります。実質的な充電頻度という意味では、意外なほど実用性がありそうです。

 またケーブルレスのイヤホンということで無線の感度、接続安定性がどの程度なのかも気になるところですが、木造家屋での利用では、1Fのリビングに置いたiPhoneから床一枚隔てた2Fという距離感でも途切れはありません。手持ちの他のBluetoothイヤホンと比べても、今のところは遜色ない感度という評価です。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中