このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

なにこれサイコーじゃん! アップル「AirPods」の実機は週イチ充電で聴きまくれる無線イヤホンだった

2016年12月19日 18時45分更新

文● イトー / Tamotsu Ito

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップル初の初のワイヤレスイヤホン「AirPods」の出荷がようやく始まりました。国内価格は1万8144円(税込)。そろそろ国内の初期ロット予約組の人たちの手元にも届き始めています。

 さっそく、僕の手元にやってきた製品版AirPodsを触りながら、2016年9月の海外発表以降よくわかっていなかった疑問点を確認していくとしましょう。

非常にコンパクトな製品パッケージ

 AirPodsは左右をつなぐケーブルもない完全ケーブルレスの無線イヤホンです。製品は相当小さいわけですが、パッケージ自体も小型。手のひらに載ってしまうサイズです。

 職業柄慎重に開封してみると、中身は二層構造。紙蓋のようなスリーブには複数の言語で最初のペアリングの方法が書いてあります(が、iPhoneユーザーの人は読む必要はありませんよ、理由は後ほど)。

かなり小型のパッケージ。まさに手のひらサイズ。
開封してみたところ。あ、アップルのパッケージだね、という質感と付属品構成。

 製品の外観は2016年9月にサンフランシスコで開催されたApple Eventの会場で目にしたものと同じですが、自分の手元に来るとまた印象が違います。

 ケースは注意深くデザインされていて、小さい。薬ケースのようなサイズ感。蓋を開くと、事前に聞いていたとおり、これだけでAirPodsはいきなり電源オンです。

 そして10秒と待たないうちに、脇に置いてあるiPhoneが勝手に反応し、ペアリング画面が立ち上がります。「接続」を押せば、ケースとAirPodsそれぞれの充電容量を認識して使用準備完了状態に。わかっちゃいるけど、これは本当に簡単ですね。

最初から充電ケースに収納された状態でパッケージされているAirPods。この辺の見た目は2016年9月のサンフランシスコでの発表イベントで見たときの記憶そのまま。ケースを開くと自動的に電源がオンになり、iPhoneが自動認識してペアリングのダイアログがポップアップする。初期充電は70%。

前へ 1 2 3 4 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中