このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第200回

スマホからWindows 10 PCにBluetoothでファイルを送信する

Windows 10にはMacのAirDropみたいな機能はないの?

2016年12月11日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Bluetoothをオンにしてスマホをペアリングする。ここでは、Windows 10 Mobile端末を利用する

調査依頼
Windows 10にはMacのAirDropみたいな機能はないの?

 スマホで撮った写真や動画などをPCに送るなら、クラウドストレージを使うとラク。メールでもいいし、メモリーカードを抜いて読み込ませてもいい。

「ファイルを受信する」をクリックする
待ちになるので、スマホから送信する

 しかし、外出先などで、SDカードリーダーがなかったり、Wi-Fiがない場合は困りもの。ファイルサイズ容量が大きい場合、そのままアップロード・ダウンロードすると外出先でパケット通信の制限に引っかかりかねない。そこで活躍するのが、Bluetoothによるファイル送受信機能。iOSのAirDropのように、Bluetoothによるワイヤレスファイル転送が行えるのだ。

ファイルの共有メニューから「Bluetooth」をタップする
受信が始まる

 まずは、PCとスマホをペアリングし、Windows 10で受け入れ準備。その後、スマホから送信すればOK。パケット通信を利用せず、撮影した動画をPCに保存することができる。


これでズバッと解決!

 Bluetoothでペアリングして、直接ファイルを送受信すれば、端末同士で直接やりとりできる


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン