このページの本文へ

国内3キャリアのLTE回線用SIMカードが利用可能

NEC、NTTドコモ/au/ソフトバンク対応ワイヤレスVPNルーター発売

2016年12月06日 13時19分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは12月5日、ワイヤレスVPNルーター「UNIVERGE WA2612-AP」を発売した。価格は11万6640円。

 UNIVERGE WA2612-APは、NTTドコモ/au/ソフトバンクの、MVNOを含むLTE回線用SIMカードが利用できる通信機能を内蔵しており、ユーザーが利用したいモバイル回線を自由に選択することができる。

 また、IEEE802.11ac対応の無線LANアクセスポイント機能も内蔵しているため、LTE回線と無線LANを同時に使用することにより、有線ケーブルの敷設工事無しで、すぐに使えるネットワークをケーブルレスで構築可能。

 ネットワーク回線障害時のバックアップ回線への自動切り替えや、LTE2回線の冗長化による通信の安定化・高速化にも対応で、今後サービスの収束が予定されているADSL回線やISDN回線からLTE回線への移行に適しているという。

 なお、ソフトバンク対応は2017年度第1四半期を予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ