このページの本文へ

日用品の「買い忘れ」を防止できるIoTデバイスが日本でも登場

Amazonのボタンを押すだけで日用品が注文完了となる「Dash Button」を触ってみた

2016年12月05日 11時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazon.co.jpは12月5日、日用品を1プッシュで注文できる「Amazon Dash Button」の日本発売を発表しました。年額3900円(税込)のプライム会員のみ購入可能で、1点500円です。

 Amazon Dash Buttonは、自宅の無線LANに接続し、ボタンを押すだけで事前に設定した1商品を簡単に注文できるIoT機器。飲み物やスナック菓子などの食料品や洗剤やトイレットペーパーなどの日用品など、41ブランド約700種類の商品を購入可能です。

たとえば、普段飲んでいる清涼飲料水のDash Buttonがあれば、棚にいっしょにしまっておき、残りが少なくなったりなくなったら1プッシュして注文
注文できるブランドは、41種類。商品数では約700種にもなる
基本的に表面に貼られたシールのブランドの商品しか購入できない。たとえば、サントリー天然水のDash Buttonであれば、サントリー天然水のペットボトルの種類は選べるが、伊藤園のお茶やそのほかの製品を当てはめることはできない

 Dash Button自体にはディスプレーなどはなく、内蔵バッテリー、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)やBluetoothのアンテナ、LEDランプ、超音波受信用のマイク、そしてボタンで構成されています。なお、本体は生活防水仕様。バッテリーは交換不可(サポートで交換申請可)で、約1000回のプッシュが可能。同社いわく「数年間は使い続けられる」とのこと。

Dash Buttonは手のひらサイズ。右の写真はXperia XZと比べてみたところ
背面には接着用のシートが付属。技適マークも確認できる

 そのため、iPhoneもしくはAndroidの「Amazon ショッピングアプリ」で初回設定が必要。初回設定では、Dash Buttonと家のWi-Fiルーターをつなぐ(2.4GHz帯利用)ためのネットワーク設定の後、注文する商品とお届け先、決済方法を決定します。設定後、注文時は近くにスマホがなくても問題ありませんが、商品やお届け先を変更したい場合は、再度スマホのアプリで操作する必要があります。

Dash Buttonの設定はAmazon ショッピングアプリの「アカウントサービス」内にある画面の表示に従ってセットアップを進める
Dash Buttonが接続するWi-Fiネットワークを選択。必要に応じてパスワードも入力する
そのDash Buttonで購入できる製品が表示されるので、選択し、支払い方法やお届け先を設定して、完了

 PCやスマホからに比べ、はるかに素早く注文できるDash Button。一方で、意図しない注文も心配になります。

 そのため、Dash Buttonでの購入確定時には、Amazon ショップアプリの入っているスマホに通知が表示されたり、複数押しでの重複注文を避ける機能がついています。また、間違ってボタンを押してしまった場合も、スマホアプリからキャンセル可能です。

ボタンを押すとネットワークに接続。LEDが白く光ります。その後、注文が完了すれば緑に。ネットワークにつながらなかった場合などは赤く光ります
注文後、アプリのインストールされているスマホには通知が表示。もちろん通常注文時と同様のメールも発送されます。キャンセルは注文の詳細ページから可能
標準で重複注文は行なわれないようになっています。注文した品が届くまで、次の注文は受け付けないようになります。自分が既に押したのに同居人が再び押して閉まったり、子どもが遊んで連打してしまっても安心です

Dash機能内蔵の電化製品も今後登場
プリンターが自動的にインクを注文してくれる未来も!?

 また、AmazonはDash Buttonのシステムを各メーカーと連携し、商品に内蔵していく取り組み「Amazon Dash Replenishment」も同時に展開。

 すでに、国内ではアイリスオーヤマ、エレコム、シャープ、船井電機、三菱レイヨン・クリンスイの5社がこの取り組みに参加。現時点で、決まった商品はないものの、順次Dashの機能を内蔵した電化製品をリリースする予定です。

たとえば、これは米国で発売中のDash機能内蔵浄水ポッド。水を入れた回数をセンサーで計測し、フィルターの交換時期になると自動的にフィルターを注文してくれるというもの

 ふだん使っているものが、いざ使おうと思ったときにないのは非常にストレスが溜まるもの。また、後で注文しようと思っても忘れることは多々あると思います。

 そんな悩みを解決するDash Buttonは、1つ500円という低価格で、さらにDash Buttonでの初回購入時のみ商品価格から500円引きとなるため、実質お試しのような感覚で購入できます。

 欲を言えば、Dash Buttonで提供されていない製品(たとえば、インクジョットプリンターのインクなど)も購入できるようになってほしいものですが、Dash Buttonで扱う製品は在庫を厚くするなどメーカーとの連携が必須となるため、「どれでもDashで買えるようにする」のは難しそうです。

 とはいえ、Amazon Dash Buttonが展開されるのは、2015年3月に米国でスタートされて以来、日本が9ヵ国目。米国では200を超えるブランドのDash Buttonがあるそうなので、日本での更なる規模拡大と前述のDash内蔵の電化製品もリリースにも期待したいところです。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン