このページの本文へ

機械製造により精度高く

ASUS、Radeon RX 460搭載の真っ白なビデオカード

2016年11月17日 13時40分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは11月17日、Radeon RX 460搭載ビデオカード「DUAL-RX460-O2G」を日本市場向けに発売すると発表した。11月18日から販売を開始する。

 クーラーを除くすべての部品を機械で自動化し、人の手では実現できない高い製造精度を実現した点が特徴。また従来は基板に対する加熱工程が2回あったが、1回をなくすことで、コンデンサーなど、熱に弱い部品に起こる製造時の性能の劣化を最小限に抑えた。フラックス(ハンダ用の油)の利用を完全に廃止したことも特徴で、長期間使用する際に発生するフラックスによる腐食が起こらないため、耐久性も高いとしている。

 主なスペックはコアクロック1224MHz(付属ソフト使用時1244MHz)、メモリークロック7000MHz、メモリーインターフェース128bit、ビデオメモリーGDDR5(2048MB)、出力インターフェース DisplayPort 1.4×1/HDMI 2.0×1/DVI-D×1。価格はオープンプライスで、実売価格は1万6000円前後になる見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン