このページの本文へ

「ウイングブレードゼロノイズファン」を搭載

ASUS、GTX 1050 Ti搭載のオーバークロック仕様ビデオカード「ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING」

2016年12月26日 13時19分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは12月23日、GeForce GTX 1050 Tiを搭載するビデオカード「ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING」を発売した。市場予想価格は2万3000円前後。

 風圧を強める独自ブレードとGPU温度が低いときにファンを停止する「ウイングブレードゼロノイズファン」を搭載。先端部分に航空機のウイングレットのような曲げを加えて、低い回転数でも十分な冷却性能を実現した。

 台座を経由させずに直接GPUに密着させることで熱の移動効率を向上させたクーラー、「DirectCU II」を搭載。冷却性能はリファレンス設計のクーラーと比較して最高30%向上し、高負荷時でも最高3倍静かに動作するという。

 LEDでビデオカードを光らせる「Aura RGB Lighting」機能と、「Aura Sync」機能を搭載。Aura Sync搭載のマザーボードを組み合わせると、マザーボードのイルミネーション機能とROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMINGのイルミネーション機能を同期させて光らせることができる。

ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
Boostコアクロック1493MHz(定格の1392MHzからクロック向上、付属ソフトを使用して1506MHzでの動作が可能)
コアクロック1379MHz(定格の1290MHzからクロック向上、付属ソフトを使用して1392MHzでの動作が可能)
メモリースピード7Gbps
メモリーインターフェース128bit
ビデオメモリーGDDR5 4096MB
出力インターフェースDisplayPort 1.4×1、HDMI 2.0×1、DVI-D×2

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン