このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第44回

3~6万円で買えるポタアンと音楽プレーヤー、どっちを選ぶ!?

iPhone 7&ポタアン vs 話題の携帯プレーヤーで音楽を聴き比べ!【倶楽部】

2016年11月17日 12時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部に2016年10月27日に公開した「iPhone 7&ポタアン vs 話題の携帯プレーヤーで音楽を聴き比べ!」を紹介します。


イメージ

 屋外などで音楽を高音質で楽しむスタイルには大きく分けて2つある。スマホを使うものと、音楽再生専用に携帯音楽プレーヤーを使うものだ。

 さらに、スマホでハイレゾ音源を“高音質に”楽しむとなると、ポタアンの追加はほぼマストになるだろう。DSDや192kHz/24bitのPCMなど多彩なフォーマットへの対応、ヘッドフォンやイヤフォンを余裕をもってドライブするとなると、スマホ単体の機能では不十分だ。

 ただし、iPhone+ポタアンは2台を接続して使うのでハンドリングにやや難があるし、最新のiPhone 7/7 plusは音楽再生をしていると、多くのポタアンでは充電ができない問題もある。

 一方、携帯音楽プレーヤーはハンドリングはいいが、屋外ではスマホも持ち歩く必要があり、結局2台持ちとなる。それぞれに長短があると思うが、どっちのスタイルが音質の点では有利なのかは気になるところ。

 そこで、手持ちのiPhoneやスマホと組み合わせて使うポタアンと、ほぼ同価格となる携帯プレーヤーを集めて、それぞれの特徴や音質をチェック。自分にとって最適なスタイルや製品選びができる試聴テストを行なった。

 今回試聴したのは以下の6製品。オーディオ製品は価格的に上を見たらキリがないが、今回は初めてでも手が出しやすい3~6万円台でおススメモデルをピックアップしている。

 イヤフォンはShureの「SE846」を使用。ポタアンの試聴ではiPhone 7とUSBデジタル接続し、再生アプリはラディウスの「NePlayer」を使用。ハイレゾ音源を中心に聴いた。

今回使用したポタアン3機種

OPPO「HA-2SE」(実売価格 4万4000円前後) JVCケンウッド「SU-AX7」(実売価格 4万5000円前後)
OPPO「HA-2SE」(実売価格 4万4000円前後)JVCケンウッド「SU-AX7」(実売価格 4万5000円前後)
CHORD「Mojo」(実売価格 6万円前後) CHORD「Mojo」(実売価格 6万円前後)。販売はアユート

今回使用した携帯音楽プレーヤー3機種

ソニー「NW-A35HN」 パイオニア「XDP-100R」
ソニー「NW-A35HN」(16GBモデルの実売価格 3万1000円前後)パイオニア「XDP-100R」(実売価格 4万7000円前後)
Astell&Kern「AK70」(実売価格 6万円前後) Astell&Kern「AK70」(実売価格 6万円前後)。販売はアユート

筆者のお気に入りはOPPOのHA-2SE

 iPhoneは音楽再生に特化した携帯プレーヤーではないので、専用のプレーヤーと比べて実力には差があると考える人は少なくないが、こうしてデジタル接続が可能なポタアンと組み合わせると、かなりのレベルの音質が楽しめる。

 音質では「Mojo」が一番優秀と感じたが、iPhone 7ユーザーとなった筆者としてはサイズがぴったり揃っている点や充電機能などの便利さ、音質的にも十分に質が高かったOPPOの「HA-2SE」が気に入っている。

 「SU-AX7」は音の感触の良さが個性的で、好みは分かれるが情感豊かに音楽を楽しみたい人には最適だと思う。

 一方で、携帯プレーヤーは音の好みも大きく変わるので、好みの音質を吟味するのが楽しい。

 今回聴いたモデルは実力的にはいずれも甲乙付けがたいが、ナチュラルな音で気持ち良く聴くならばソニーの「NW-A35HN」、元気の良さではパイオニアの「XDP-100R」、芯の通った力強さと迫力はAstell&Kernの「AK70」となる。

 機能性ではそれぞれに異なる特徴があり、使い方に合わせて選びたいところ


 続きは「iPhone 7&ポタアン vs 話題の携帯プレーヤーで音楽を聴き比べ!」でご覧ください。続きでは、各機種それぞれの機能や特徴、試聴による詳細な音質評価などが記載されています。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介したオーディオの記事だけでなく、PCやスマホ、テレビ、カメラなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事