このページの本文へ

PCやスマホの音楽をデスクトップスピーカーで楽しむ! 第2回

Windows&Macでハイレゾ音源入門! 定番再生ソフトと設定手順を大紹介!!

2016年11月16日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DSD音源の再生も可能にする

 基本的にはこれだけでもほとんどのハイレゾ音源を再生できるのだが、ついでDSD音源をサポートするコンポーネントを追加しておくといいだろう。

 使用するUSB DACがDSD音源には非対応という場合でも、このコンポーネントを追加しておけば、Foobar2000側でPCM変換して出力させることもできるので、再生は可能になる。

 必要なコンポーネントのひとつは「ASIO support 2.1.2」。こちらはWSAPIと同じ要領でコンポーネントをダウンロードして登録する。

 このほかに、「Super Audio CD Decorder」を公式サイトからダウンロードする。

 ダウンロードしたファイルを解凍して、「foo_input_sacd.fb2k-component」(Super Audio CD Decorder)を登録。ダウンロードしたファイルのフォルダにある「ASIOProxyIntall-0.8.3.exe」を起動してインストールを行なう。これは一般的なドライバーのインストールと同様だ。

Preference>Outputで、「ASIO:foo_dsd_asio」を選択した状態

Preference>Outputで、「ASIO:foo_dsd_asio」を選択した状態

DSDネイティブ再生を行なう場合は、Output>ASIOで、使用するUSB DACのASIOドライバーを選択する。下のDSD PlaybackMethodは「ASIO Native」を選択

DSDネイティブ再生を行なう場合は、Output>ASIOで、使用するUSB DACのASIOドライバーを選択する。下のDSD PlaybackMethodは「ASIO Native」を選択

 最終的には、Foobar2000の「Output」の項目で、「ASIO:foo_dsd_asio」を選択。DSDネイティブ再生をする場合は、「Output」>「ASIO」でUSB DAC用のASIOドライバーを選択する必要がある。

Preferenceの「Tools」>「SACD」で、Output Modeを選択する。対応したUSB DACなどを使っている場合は「DSD」。そうでない場合は「PCM」を選ぶ

Preferenceの「Tools」>「SACD」で、Output Modeを選択する。対応したUSB DACなどを使っている場合は「DSD」。そうでない場合は「PCM」を選ぶ

 その後、「Tools」>「SACD」で、DSD再生のための設定を行なう。このときにPCM変換再生を選択すれば、非対応のUSB DACを使った場合でも、DSD音源の再生ができる。

 Windowsで、Foobar2000を使った場合のハイレゾ音源再生のための設定はこれで完了だ。あとは、必要に応じて使用するコンポーネントを追加すればいい。少々面倒な作業ではあるが、無料というのは大きな魅力だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画