このページの本文へ

ASUS「ROG Strix Wireless」

PS4でもワイヤレスで使えるASUSの7.1chヘッドセット

2016年11月12日 22時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7.1chバーチャルサラウンド機能を搭載する無線有線両対応のゲーマー向けヘッドセット「ROG Strix Wireless」がASUSから発売された。

7.1chバーチャルサラウンド機能を搭載する無線有線両対応のゲーマー向けヘッドセット「ROG Strix Wireless」。おなじみフクロウデザインも特徴

 ASUSのゲーミング向けブランド「STRIX」シリーズから、60mmの大口径ネオジムマグネットドライバーを採用する無線有線両対応のゲーマー向けヘッドセットが登場した。

 PCまたはPlayStation 4に対応し、付属のUSB無線レシーバーをUSBポートに差すことでワイヤレスで利用できる。また、有線接続時は付属のケーブルを使うことで、3.5mmミニジャックを搭載している多くの機器で使用可能だ。

USBメモリのようなUSB無線レシーバーが付属。PCまたはPlayStation 4ではワイヤレスで利用できる

 7.1chバーチャルサラウンド機能は、付属ソフト「ASUS Sonic Studio」を使うことで7.1ch音源を仮想的な立体音響で再生できる。また、音量調節ボタンとマイクのオンオフボタンを左側のイヤーパッドに実装。マイクは未使用時は取り外し可能なデタッチャブル式を採用する。

 そのほか、900mAhの大容量バッテリーの搭載により、約10時間の連続駆動時間を実現。イヤーパッド部は90度回転式で、持ち運ぶ際に厚みを抑えられる。

ゲーム内の敵の音やエンジン音などを、しっかりと音のする方向から鳴らせる7.1chバーチャルサラウンド機能。付属ソフト「ASUS Sonic Studio」を使うことで利用できる

 主なスペックは、ヘッドホン部が周波数特性20~20000Hz、インピーダンス32Ω、音圧感度98dB、マイク部が周波数特性50~16000Hz、感度-40dB。無線周波数は2.4GHzで、PCおよびPlayStation 4に対応。Mac、Xbox Oneは有線接続のみに対応する。

 重量は350g(ケーブルを除く)。主な付属品はUSB無線レシーバー、3.5mmミニプラグ-3.5mmミニプラグケーブル(4極、長さ1.5m)、3.5mmミニジャック(4極)→3.5mmミニプラグ(3極×2)変換ケーブルMicroUSBケーブル(充電用)など。

 価格は1万4018円。ツクモパソコン本店やツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中