このページの本文へ

マーケティングツールの共同販売とAIによるプラットフォームを共同開発

IDCF、マーケティングプラットフォームの提供に向けデータアーティストと業務提携

2016年11月11日 13時21分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IDCフロンティアとデータアーティストは11月10日、販売およびAI/ディープラーニング領域における資本・業務提携を発表した。

 データアーティストは、ウェブページを活用したマーケティング手法であるLPOツール(Landing Page Optimization)を展開。自社で保有するウェブ上での行動や購入履歴などのマーケティングデータをAIで分析し、高精度のターゲティングとコンバージョン率の向上を特長としている。

 このLPOツールを、IDCFクラウド上で顧客が試用できる機会を提供する「エコアライアンス」へ展開し、共同で販売していく。

 また、LPOツールのシステム基盤にIDCFのクラウドサービスを採用し、GPUサーバーなどディープラーニング向けコンポーネントを積極的に活用して、マーケティングプラットフォームの提供に向け共同で開発を進めていくという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ