このページの本文へ

連載:今週の「ざっくり知っておきたいIT業界データ」 第25回

IT市場トレンドやユーザー動向を「3行まとめ」で理解する 10月31日~11月6日分

来年の戦略的技術トレンド「人工知能」「デジタル」「メッシュ」、ほか

2016年11月08日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「ざっくり知っておきたいIT業界データ」では、調査会社などが先週1週間に発表したIT市場予測やユーザー動向などのデータを、それぞれ3行にまとめてざっくりお伝えしています。

■[市場]2017年の戦略的技術トレンド、トップ10(ガートナー ジャパン、10/31)
・「高度な機械学習とAI」「VR/AR」「ブロックチェーン」「会話型システム」など
・企業のデジタルビジネスを実現する「デジタルテクノロジープラットフォーム」
・センサーデータを用いた状態把握、変化対応など動的なソフトウェアモデル「デジタル・ツイン」

 今後5年間のうちに重要な転換点に達するテクノロジートレンドのトップ10。これらを大きく分類すると「人工知能」「デジタル」「メッシュ」の3つになるようだ。メッシュは、IoTが浸透する影響でアプリケーションが分散的に配置されるようになることを指す。

2017年の戦略的テクノロジートレンド トップ10(出典:ガートナー)

■[市場]国内中堅中小企業「第3のプラットフォーム」利用率(IDC Japan、10/31)
・2016年は前年比8.3%の伸び、2015~2020年の年平均成長率は6.0%を予測
・金融業、製造業、流通業などで、モビリティが牽引し比較的高い成長率
・大都市圏とその他の地域で採用動向の差異が大きい

 クラウド、モビリティ、ビッグデータ/データアナリティクス、ソーシャル技術を指す「第3のプラットフォーム」。中堅中小企業(IDC定義で従業員999名以下)でも、IT市場全体の伸びと比較して堅調な成長が見込まれている。これらのITが“特別なもの”ではなくなったということか。

国内「第3のプラットフォーム市場」中堅中小企業 支出額/前年比成長率予測、2015~2020年(出典:IDC Japan)

■[ユーザー動向]国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向(IDC Japan、11/1)
・SDN技術の導入は、前年の45.3%から47.6%へわずかな増加にとどまる
・SD-WANの認知度はまだ低いが、認知企業の7割近くが導入意向を持つ
・「INSネット ディジタル通信モード(ISDN)の終了」は大企業でも半数以上が認知せず

 国内企業994社を対象として実施した調査より。SDN導入を再び加速させるためには「ベンダーが技術や製品の成熟度をもう一段高める努力が必要」だとIDC。

従業員規模別 「INSネット ディジタル通信モード(ISDN)」サービス終了の認知状況(出典:IDC Japan)

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ