このページの本文へ

IoTデータ収集アプリ「GE Historian」とIoTデータ分析アプリ「GE CSense」

「IoT Platform Factory パッケージ」に、IoTデータ収集/分析アプリ対応プランを追加

2016年11月08日 09時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ11月7日、「IoT Platform Factoryパッケージ」へ、ゼネラル・エレクトリックのIoTデータ収集アプリ「GE Historian」とIoTデータ分析アプリ「GE CSense」に対応したプランを新たなラインアップとして追加し、提供開始した。

 IoT Platform Factoryパッケージは、IoTの導入に必要となるデータ収集アプリ、データ分析アプリ、セキュアネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをワンストップで提供するサービス。

パッケージ概要図

 GE Historianは、産業機器やセンサー類から取得したデータを、NTT Comのクラウド基盤「Enterprise Cloud」上に収集するためのデータベースソフトウェア。あらかじめさまざまな通信プロトコルに対応しており、一定周期またはイベントをトリガーとして、産業機器やセンサー類から出力されるデータを長期間かつ大量に収集可能だという。

 GE CSenseは、産業機器やセンサー類から取得したデータをさまざまな方法で分析することにより、生産工程の隠れた課題を発見するためのソフトウェア。GE Historianをはじめ、CSVデータ、データベースソフトウェアなどにより、産業機器やセンサー類からデータを取得している場合、そのデータを活用した産業機器の予防保全や製品の品質向上に役立つ知見を得ることができるとしている。

IoT Platform Factory パッケージの利用料金

カテゴリートップへ

ピックアップ