このページの本文へ

レーザー光源/ランプ光源4Kプロジェクターで“世界最小サイズ”実現、適用用途を拡大

キヤノン、可搬サイズの4K高精細プロジェクター2機種を発表

2016年11月08日 13時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンは11月8日、4096×2400画素のLCOSパネルを搭載した4Kプロジェクター新製品を発表した。レーザー光源の「4K600STZ」とランプ光源の「4K501ST」の2製品で、いずれも同カテゴリー製品内では世界最小サイズ(同社調べ)。施設固定のプロジェクターとしてだけでなく、デジタルサイネージやプロジェクションマッピング、シミュレーションデザインなど、可搬性を生かしたさまざまな場所での4K映像投射を可能にしている。

レーザー光源搭載の4Kプロジェクター「4K600STZ」

ランプ光源搭載の4Kプロジェクター「4K501ST」

 両製品とも、4096×2400画素の“リアル4K”LCOSパネルと、4K映像周辺部まで鮮明に投射できる広角ズームレンズを搭載し、画面サイズは最小40型~最大600型(17:10)となる。投射距離は0.9~17.7メートル、100型投射距離は2.2~2.9メートル。ドーム型スクリーンなどの曲面にも光学的にピントを合わせる「周辺フォーカス」機能も搭載。また、キヤノン独自の光学システム「AISYS(エイシス)」採用により、本体サイズを小型化している。

4K600STZ/4K501STの共通特徴(キヤノン独自技術)

 4K600STZは、新開発のレーザー光源システム(青色レーザーダイオード+黄色蛍光体)を搭載し、6000ルーメンの高輝度で投射できる製品。本体体積は約7万立方センチ(W559×D624×H201ミリメートル)、本体重量は約26キログラムと、レーザー光源搭載の4Kプロジェクターにおいて世界最小/最軽量を実現している(5000ルーメンクラスのプロジェクターにおいて、キヤノン調べ)。

 レーザー光源の採用により、約2万時間(輝度が50%に低下するまでの目安時間)光源を交換することなく投射でき、メンテナンス負荷を軽減する。また、電源投入から約2秒で投影ができる「高速スタンバイモード」の搭載、本体設置方向(側面を下にした縦置きなど)の制限なし、内蔵Wi-Fi機能によるiOSデバイスからのリモコン設定操作(複数台プロジェクターの設定も可能)、といった特徴がある。価格はオープン(市場想定価格:798万円)で、2017年4月上旬の発売。

 また映像の明部と暗部の輝度差を拡大する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能を搭載しており、映像の“白飛び”を抑え、肉眼で見た場合に近い階調表現が可能となっている。4K/8K映像の放送規格(ITU-R BT.2020)の色域で撮影された映像入力にも対応している。

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能により映像のダイナミックレンジを拡大する

 4K501STは、5000ルーメンの高輝度で投射できる400ワットランプ光源搭載の4Kプロジェクター。本体サイズはW470×D533.5×H175ミリメートルと、同カテゴリー製品においては世界最小サイズとなる(ランプ光源搭載、5000ルーメンクラスの4Kプロジェクターにおいて、キヤノン調べ)。また重量も18キログラムと最軽量クラスであり、天井吊りなど柔軟な設置の可能性を高めている。発売予定日は11月15日で、価格はオープン(市場想定価格:598万円)。

4K501STの天吊り設置例

4K600STZ/4K501STのターゲット市場。会場への固定設置だけでなく、4K高精細投影と可搬性を生かした幅広い用途での活用を期待しているという

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン