このページの本文へ

2016年にも製品化?

キヤノン、4K超えで曲面に投写できるプロジェクターを開発中

2015年09月01日 17時30分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンが開発を進めている4K解像度を超えるプロジェクター

 キヤノンは9月1日、4Kを上回る4096×2400ドットという解像度に、5000ルーメンという明るさを持つLCOS液晶プロジェクターを開発していることを明かした。

 4K機器によるコンテンツ制作が放送業界にも広がり、4K対応機器の導入が本格化していることを受け、同社は2016年に4Kプロジェクター市場に参入する。従来のプロジェクターは、高輝度になるほど、ランプや冷却装置が大きくなり、サイズが大型化するのが一般的だった。

 今回同社が開発しているプロジェクターは、独自の光学システム「AISYS」を利用することで、高輝度と小型・軽量化を同時に実現しているのが特徴。レンズにはワイドズームレンズを搭載し、短い設置距離で大画面投写が可能な上、ドーム型スクリーンなどの曲面上でも光学的にピントを合わせられるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン