このページの本文へ

USBアダプターには低遅延のDAC内蔵

7.1chサラウンド機能搭載した、Razerのゲーム⽤ヘッドセット「Razer ManOʼWar 7.1」

2016年11月01日 13時23分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIは11月1日、米RazerのPCゲーム用有線ヘッドセット「Razer ManOʼWar 7.1」の販売を発表した。11月11日に発売で、価格は1万7064円。

 Razer ManOʼWar 7.1は、USBまたはアナログ 3.5mm ステレオミニ(4 極)でパソコン、およびゲーム機などに接続する。付属のUSBアダプターを経由してPCに接続することで、Razer Surround機能を有効化し、7.1chサラウンドをゲームで楽しめるという。またUSBアダプターには低遅延のDACが内蔵。ヘッドフォン側は50mmネオジムドライバーと遮音性の高いイヤーカップにより、これまでにない没入環境を提供するとしている。

 左イヤーカップに搭載されているMEMS採用マイクは、必要な時に自分が使いやすい位置に調整可能。アルゴリズムの最適化により、より自然で明瞭なボイスチャットができるという。インラインリモコンで、プレイの最中にゲーム音量をコントロールでき、マイクミュートも可能だ。

 ヘッドフォンの主な仕様は、周波数特性が20Hz~20kHzで、インピーダンスは32Ω、感度は118dB。マイクの主な仕様は、周波数特性が100Hz~10kHz、感度は42±3dBで、指向性は単一指向性。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン