このページの本文へ

クアッドコアCPUやGeForce GTX 1080を搭載、デスクトップマシンさながらのハイパフォーマンスノート

17.3インチの大画面、ハイスペックゲーミングノート「Razer Blade Pro」発表

2016年10月21日 15時55分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Razer Blade Pro

 米Razerは10月20日、ハイパフォーマンスな17.3インチゲーミングノート「Razer Blade Pro」を発表した。米国では11月に出荷される。

 CPUにインテルCore i7-6700HQクアッドコアプロセッサーを採用、グラフィックス機能はNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)を搭載、32GB DDR4メモリー、2TB SSD(PCI M.2)など高いスペックを持つ。ディスプレーは17.3インチのIGZO液晶(3840×2160ドット)を採用し、LEDバックライトやマルチタッチ機能を装備。

17.3インチ液晶の大型ノートブック 

 Wi-Fi機能(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1に加えてGigabitイーサネット、USB-C(Thunderbolt 3)、ステレオスピーカー(Dolby Digital Plus Home Theater Edition)、200万画素Webカメラなどの機能も装備する。デスクトップさながらの横幅を持つボディにはメカニカルキーボードとトラックパッドを備え、スクロールホイールも搭載。

薄型な筐体に収まっているが、内部には強力な冷却機構を装備している。キーボードは1680万色で発光可能

 OSはWindows 10、各種Razer機器をコントロールできるRazer Synapseなど同社製アプリがプリインストールされる。本体サイズは約幅424×奥行き281×高さ22.5mm、重量は3.54kg。価格は3699ドル (日本での発売時期、価格は未定)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ