このページの本文へ

マイクロソフトとの協力のもとチューニング

「Gears of War」とコラボ、Xbox向けにチューニングしたゲーミングヘッドセット

2016年09月14日 20時29分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイルストーンは9月14日、「Kingston」のゲーミングブランド「HyperX」より、ゲーミングヘッドセットCloudシリーズのXboxの公認ライセンス取得製品第2弾「HyperXCloudX Revolver Gears of War」を発表した。9月16日から取り扱い開始で、店頭想定価格は1万7980円。

 HyperXCloudX Revolver Gears of Warは、HyperXからフラグシップモデルとして発売しているゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Revolver」に、WindowsおよびXboxでより上質なゲーム体験ができるようマイクロソフトとの協力のもとチューニングを施したモデルだ。今年10月に発売を予定しているTPS「Gears」シリーズの最新作「Gears of War 4」とコラボレーションしたデザインを採用する。

 「Xbox One S Gears of War 4Limited Edition 2TB Bundle」および「Xbox One Wireless Controller - Gears of War 4 Crimson Omen Limited Edition」に対応。Xbox Eliteワイヤレスコントローラーや3.5mmステレオヘッドセットジャックを備えるXbox One コントローラーに対応するほか、別のゲーム機やモバイルデバイス、PCでも使用できる。

 HyperX CloudX Revolver Gears of Warは、遠くからでも対象の位置を正確に聞き取ることができる、広大なサウンドステージを備えている。指向性50mmドライバーにより低音を増幅することで、クリアでメリハリのあるサウンドを生み出すとしている。また、コンサートホールのような音の広がりを再現するため、音楽を楽しむことにも適しているという。

 ケーブルにはインラインコントローラーを装備。ゲーム画面から設定せずとも、音量調節とマイクのミュートが手元で可能。マイクブームはTPOに合わせて簡単に取り外すことができる。フレキシブルなデザインで、マイクの位置も調節可能としている。

 主な仕様は、マイクの方式がエレクトレットコンデンサーマイク、極性パターンは単一指向性、ノイズキャンセリング、周波数帯域は50Hz~1万8000Hz、感度は-40dBV(0dB=1V/Pa、1kHz時)、ヘッドフォンのドライバー直径がネオジム磁石、ダイナミック50mm径、タイプはサーカムオーラル、密閉型、周波数は12Hz~2万8000Hz、インピーダンスは33Ω、音圧レベルは104.5dBSPL/mW(1kHz時)、入力電力は定格30mW、最大500mW。重量は、本体のみがおよそ364g、マイク込みはおよそ380g。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画