このページの本文へ

オリンパスのフラッグシップ一眼「OM-D E-M1 Mark II」が12月に発売決定!

2016年11月02日 14時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」(開発機)
「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」(開発機)

 オリンパスは11月2日、9月に開発表明を行なっていたミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」の国内での発売を発表した。発売時期は12月下旬となる。

 E-M1 Mark IIは同社のフラッグシップに位置する製品で、9月にドイツのケルンで開催された「Photokina 2016」で開発表明が行なわれていた。

 開発表明時には「未定」となっていたスペックも決定。まず、最大連写速度はAF/AE追従で18コマ/秒、固定で60コマ/秒(いずれも電子シャッター時)となる。

 連続撮影可能枚数は、AF/AE追従の電子シャッター時において、RAWで77コマ、JPEGで105コマとなる。メカシャッター時はRAWで148コマ、JPEGはメモリーカードがいっぱいになるまで撮影可能だ。

 また、動画の最大撮影時間は、MOVで約29分、AVIで約7分。なお、MOVでは最大4096×2160(24p)、AVIは1280×720(30p)での記録が可能だ。

 このほか、EVFの最短表示タイムラグが6msecから5msecに変更されている。

 撮像素子は有効2037万画素のLive MOSセンサーを採用。画像処理エンジンは最新の「TruePic VIII」で、従来のものより約3.5倍の高速処理が可能だ。AFは121点のオールクロスセンサー採用の「DUAL FAST AF」となる。

 同社はOM-D E-M1 Mark II発売を記念して、指定レンズ2本の同時購入で5万円のキャッシュバックをするなどのキャンペーンを11月11日より実施する。また、実機の体験イベントを11月19日の東京(新宿・ルミネゼロ)を皮切りに大阪、名古屋で実施する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン