このページの本文へ

簡単に空席状況をリアルタイムで把握

オプティム、AIの画像解析によるリアルタイム空席検知サービス発表

2016年10月28日 12時17分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AIを活用した画像解析による空席検知のイメージ

 オプティムは10月27日、AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」から、ネットワークカメラ映像を取得し、AI(人工知能)による画像解析で空席を検知するサービスを発表した。

 これまでの空席検知の仕組みは、席ごとにセンサーやカメラを設置する必要があるため、多額のコストがかかりシステム的にも複雑だった。今回のサービスは、ネットワークカメラを1台おくだけで、手軽かつ簡単に空席状況をリアルタイムに把握することができるという。これにより、飲食店や店舗の待ち時間解消に活用できるとしている。

リアルタイム空席検知イメージ
使用ネットワークカメラ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ