このページの本文へ

LOHACO ECラボ、日立製作所のAI「AT/H」を導入

文●通販通信

2016年10月24日 01時16分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image アスクル(株)は21日、日本を代表するメーカーを中心に102社が参加する「LOHACO ECマーケティングラボ」(ロハコラボ)のデジタルマーケティングに(株)日立製作所の人工知能「Hitachi AI Technology/H」(AT/H)を導入すると発表した。

 同社は「AT/H」を8月末に開始した商品受け取りサービス「Happy On Time」の精度向上に導入し、効果を上げつつある。ロハコラボでも「AT/H」を導入し、LOHACOの売場最適化を図る。

 また、ロハコラボは、ビッグデータの活用とAIによる売場最適化を図るため、Google Japan Inc.、フェイスブックジャパン(株)、(株)日立製作所、ヤフー(株)の4社をフレンドシップパートナーとした。圧倒的なビューワー数を持ち、コンテンツや各種サービスを展開しているパートナーには、LOHACO内の購買行動に関するビッグデータ(個人情報を含まず)を提供。これらのビッグデータを分析することで、パートナーのサービスを通じたユーザーへのアプローチの精度を向上させ、コミュニケーションを最適化する。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く