このページの本文へ

1台ごとに異なるシリアルが設定

サンワサプライ、セキュリティー対策に適したUSBカードリーダー

2016年10月18日 13時44分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは10月17日、USB2.0カードリーダー「ADR-ML18BKN」を発売した。価格は3132円。

 ADR-ML18BKNは、1台ごとに異なるシリアルが設定されている。セキュリティーソフト上でそれぞれを識別することが可能のため、パソコンへのカードリーダーの接続・使用を管理・制限することができ、企業・公共機関などでカードリーダーを複数台導入する場合のセキュリティー対策にも適しているという。

メディアの抜き差しがしやすいよう、全スロットが前面配置

 xDピクチャーカード用・SDメモリーカード用・microSDカード用・メモリースティック用・コンパクトフラッシュ用の5スロットを用意で、4つのスロットを同時に認識できる。また、256GBのSDXCメモリーカード、128GBのmicro SDXCカードなどの大容量メディアに対応。

 サイズはおよそ幅92.3×奥行き47.3×高さ13.2mm、重量はおよそ43g、付属しているケーブルの長さはおよそ60cm。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン