このページの本文へ

ROCCATの「RENGA」と、Steelseriesの「SIBERIA 200」のカスタムモデル

マスタリングエンジニアがFPS専用にチューニングしたヘッドセット登場

2016年10月14日 14時51分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PHONONのマスタリングエンジニアがFPS専用に特化したチューニングを施したゲーミングヘッドセット

 e☆イヤホンは10月14日、PHONONとコラボし、1台1台職人によるハンドメイドでチューニングするFPS専用ゲーミングヘッドセットの予約販売を開始した。

 今回販売するモデルは、ROCCATの「RENGA」と、Steelseriesの「SIBERIA 200」を、PHONONのマスタリングエンジニアがFPS専用に特化したチューニングを施したカスタムモデル。総合的な音質向上とチューニングを施し、より鮮明にゲーム内キャラクターの足音をキャッチできるほか、ゲーム内の音を引き締めることで、銃声や手榴弾の爆発音や発生方向をより正確にとらえることが可能だという。

オープンイヤー型で蒸れにくく長時間プレーが可能なのが特徴の「RENGA」低域と高域のドンシャリのバランスの良さが特徴という「SIBERIA 200」
PHONONのマスタリングエンジニアが、1台1台FPS専用にチューニング

 価格は、RENGAのカスタムモデル「ROCCAT×PHONON   ROCCAT RENGA PHONON TUNED」が2万1384円、SIBERIA 200のカスタムモデル「Steelseries SIBERIA 200 WHITE-PHONON TUNED(ホワイト)」「Steelseries SIBERIA 200 BLACK-PHONON TUNED(ブラック)がそれぞれ2万5812円。

 全機種とも、10月14日13時より予約販売店舗もしくはウェブ店舗で受注を開始している。また、e☆イヤホン 東京秋葉原店でデモモデルの展示も実施する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ