このページの本文へ

リコー「THETA」に低価格モデル! 3万円台で買える360度カメラ「THETA SC」が登場

2016年10月13日 10時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「THETA SC」。ベージュ、ホワイト、ブルー、ピンクという落ち着いた色合いとなっている
「THETA SC」。ベージュ、ホワイト、ブルー、ピンクという落ち着いた色合いとなっている

 リコーは10月13日、360度カメラの最新モデル「THETA SC」を10月28日に発売すると発表した。予想実売価格は3万円台前半。

 スタンダードモデルの位置づけで、従来の「THETA S」よりも機能を絞って低価格化を実現している。

THETA SはHDMI出力を搭載していたが、THETA SCでは省かれている
THETA S(左)はHDMI出力を搭載していたが、THETA SC(右)では省かれている

 具体的には、HDMI端子がなく、ライブストリーミング配信機能も搭載しない。動画の連続撮影時間も最大5分(THETA Sは25分)となっている。

「THETA S」(左)よりスペック上はサイズが大きくなっているが、見た感じはほぼ変わらない。ただし外装の素材が変わっているので、触ってみると全然印象が異なる 「THETA S」(左)よりスペック上はサイズが大きくなっているが、見た感じはほぼ変わらない。ただし外装の素材が変わっているので、触ってみると全然印象が異なる
本体LEDもふわっとした感じになっている
本体LEDもふわっとした感じになっている

 外装は金属ではなくプラスチック樹脂を採用し、若干本体サイズが大きくなっているが、重量はTHETA Sの約125gから約102gと軽量化された。

 一方で、静止画撮影時のシャッタースピードが1/8000に設定可能になるなど、機能アップしている部分もある。撮像素子は従来機と同じく1/2.3型CMOSセンサー(有効約1200万画素)を2つ搭載する。

 THETA SCの発売に合わせて、撮影で必要なスマホ向け専用アプリケーション(iOS、Android)もアップグレードされる。新バージョンはアプリ立ち上げ時にサムネイルよりも大きな写真のタイムラインが表示され、タブについてもアイコンだけでなく文字説明も追加される。

 また、本機がWi-Fiに接続されていない場合、接続手順をわかりやすく解説する画面が表示されるようになる。Android版では直接無線LAN設定を開くことも可能だ。

本体サイズが変わったので、ハードケースも新しいものを用意。予想実売価格は3500円前後だ

 なお、THETA Sについてはファームウェアアップデートによる機能向上を検討しているとのこと。内容や時期などは未定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン