このページの本文へ

2年に1度のカメラの祭典! Photokina2016レポート第12回

ソニーブースで「α99II」の実機をチェック!

なぜソニーはAマウントにこだわるのか? ZEISSといっしょに考えた

2016年09月23日 15時20分更新

文● 編集長みやの(@E_Minazou

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 Photokina2016が現地時間9月20日に開幕し、ぐるぐる回ってきたので、レポートを順次お伝えする。

 富士フイルムの中判ミラーレス「DXF」が台風の目だとすると、ソニーが「α99II」を発表したのは晴天の霹靂といいましょうか、バックブリーカーだ。

 パナソニックとオリンパスがフラッグシップを出すのは、前モデルからともに3年経っているので予想通りだった。

 ソニーについては、日本からの取材陣はみんな「α7」のプロモデルとしての「α9」を予想していたので、α99IIはかなりやられた感じ。

 で、ソニーブース。例年ほぼ同じサイズで、明るく白を基調にしたデザインだ。ここからは写真で紹介する。

お目当ての「α99II」を発見!

ありました「α99II」です。ずっしりとした重量感がたまりません。今回各社がフラッグシップモデルを発表しましたが、ブースで誰でも触れるのはα99IIだけなんです。なので、毎日たくさんのお客さんが詰めかけています
ありました「α99II」です。ずっしりとした重量感がたまりません。今回各社がフラッグシップモデルを発表しましたが、ブースで誰でも触れるのはα99IIだけなんです。なので、毎日たくさんのお客さんが詰めかけています
白レンズの70-200mmF2.8を付けたα99IIも発見。これが似合うカメラですよね。しばらく試撮してみましたが、AFの速さはもう瞬時すぎてよくわかりません。EVFは解像度は昨今のXGAのままですが、とてもきれいになっていて驚きました。でも片手で持つのは重いです 白レンズの70-200mmF2.8を付けたα99IIも発見。これが似合うカメラですよね。しばらく試撮してみましたが、AFの速さはもう瞬時すぎてよくわかりません。EVFは解像度は昨今のXGAのままですが、とてもきれいになっていて驚きました。でも片手で持つのは重いです
4年前に発売されたα99(左)と並んだ展示もありました。前モデルはなで肩な上に、ペンタ部分のマイクが目立ちますね
4年前に発売されたα99(左)と並んだ展示もありました。前モデルはなで肩な上に、ペンタ部分のマイクが目立ちますね
レンズを外すとおなじみのミラーが現われます。最近のミラーレスに慣れているとちょっとビクッとしますね。でも最近のAマウントのαは、一眼レフですが、ミラーは固定で跳ね上がりません。いわゆるハーフミラーになっていて、通常フォーカシングスクリーンがある場所にAFセンサーが付いています。加えて撮像用のCMOSに埋め込まれた位相差センサーと両方がハイブリッドに働いて高速AFを実現しています  本体上部には情報表示の液晶もあって、なんだかちょっとレトロ。α7を見慣れた目にはやはりボディの厚みがプロな感じです
レンズを外すとおなじみのミラーが現われます。最近のミラーレスに慣れているとちょっとビクッとしますね。でも最近のAマウントのαは、一眼レフですが、ミラーは固定で跳ね上がりません。いわゆるハーフミラーになっていて、通常フォーカシングスクリーンがある場所にAFセンサーが付いています。加えて撮像用のCMOSに埋め込まれた位相差センサーと両方がハイブリッドに働いて高速AFを実現しています 本体上部には情報表示の液晶もあって、なんだかちょっとレトロ。α7を見慣れた目にはやはりボディの厚みがプロな感じです
背面はおなじみのレイアウトで戸惑いません。液晶も明るくて鮮やかです
背面はおなじみのレイアウトで戸惑いません。モニターも明るくて鮮やかです
ちなみに空間光学手ブレ補正内蔵のアクションカム「X3000」「AS300」はこちらではようやく発表され、手ブレ補正の強さをアピールしております
ちなみに空間光学手ブレ補正内蔵のアクションカム「X3000」「AS300」はこちらではようやく発表され、手ブレ補正の強さをアピールしております
ソニーとツァイスの協業が20周年になるので、記念の展示がありました。みなさんはいくつ持っていますか? 自分は「F505K」と「R1」を2台と「α900」と……ああ、「T1」と「TX1」もあります。ハンディカムも2台かな? 交換レンズの数は聞かないでください
ソニーとツァイスの協業が20周年になるので、記念の展示がありました。みなさんはいくつ持っていますか? 自分は「F505K」と「R1」を2台と「α900」と……ああ、「T1」と「TX1」もあります。ハンディカムも2台かな? 交換レンズの数は聞かないでください

ツァイスのブースでレンズをチェック!

というわけで、そのままツァイスに来ました。いつもどおり、巨大なApoPlanarが迎えてくれます
というわけで、そのままツァイスに来ました。いつもどおり、巨大なApoPlanarが迎えてくれます
一眼用のツァイスレンズはブランド名がついていて「Otus」「Milvus」「Batis」「Loxia」なんですが、わかりにくいのでなんとかしてほしいですね
一眼用のツァイスレンズはブランド名がついていて「Otus」「Milvus」「Batis」「Loxia」なんですが、わかりにくいのでなんとかしてほしいですね
こちらはキヤノン・ニコン用のMFレンズ「Milvus」の新製品135mmF2と18mmF2.8、15mmF2.8です。この曲線美がほれぼれしてしまいます
こちらはソニーEマウント用のMFレンズLoxiaシリーズで、直線的デザインです。新製品の85mmF2.4は長身でハンサムですね Eマウント用のAFレンズがBatisで、新しい18mmF2.8は美しい曲線デザインですが、けっこうデカいです。実物を見てからポチリましょうね
こちらはソニーEマウント用のMFレンズLoxiaシリーズで、直線的デザインです。新製品の85mmF2.4は長身でハンサムですねEマウント用のAFレンズがBatisで、新しい18mmF2.8は美しい曲線デザインですが、けっこうデカいです。実物を見てからポチリましょうね
はい、CP+でも見たことがあるExoLensです。これは0.6倍もMutarレンズです。大きく見えますが、フードが立派なんです。こだわりです今回、新たに望遠とマクロズームが加わりました。もちろん天下のZEISSマーク入りですから、歪みやニジミもありません
「Mutar 2.0x Asph T* telephoto lens」(左)と「Vario-Proxar 40-80 T* macro-zoom lens」(右)です。マクロは3~5cmまで寄って、5~8cmの範囲が撮れるそうで、欲しくなりました
「Mutar 2.0x Asph T* telephoto lens」(左)と「Vario-Proxar 40-80 T* macro-zoom lens」(右)です。マクロは3~5cmまで寄って、5~8cmの範囲が撮れるそうで、欲しくなりました

物欲が高まったので会場を出て家電量販店へ!

こちらは2週間前に出荷が始まったばかりのヘッドセット「VR ONE PLUS」です。前モデルはiPhoneとGalaxyのみ対応でしたが、こちらはホルダーを工夫して4.7~5.5インチまでのスマホがどれでも入るようになりました。129ユーロは買いそうです こちらは2週間前に出荷が始まったばかりのヘッドセット「VR ONE PLUS」です。前モデルはiPhoneとGalaxyのみ対応でしたが、こちらはホルダーを工夫して4.7~5.5インチまでのスマホがどれでも入るようになりました。129ユーロは買いそうです
というわけで、物欲がムラムラしたのでドイツのヨドバシカメラと呼ばれている「SATURN」に行ってきました。中心部では「Kaufman」というデパートに入っています
というわけで、物欲がムラムラしたのでドイツのヨドバシカメラと呼ばれている「SATURN」に行ってきました。中心部では「Kaufman」というデパートに入っています
ソニーのカメラコーナーにはAマウントとEマウントが半々で展示されていました。α99IIを出したのは当然なんですね
ソニーのカメラコーナーにはAマウントとEマウントが半々で展示されていました。α99IIを出したのは当然なんですね
おまけですが、iPhone 7もちろん売っています。32GBが899ユーロ、128GBが1009ユーロ、256GBが1119ユーロです。日本では税込で9万2664円、 10万4544円、 11万6424円ですから、タックスリファウンドすると同じくらいでしょうか? おまけですが、iPhone 7もちろん売っています。32GBが899ユーロ、128GBが1009ユーロ、256GBが1119ユーロです。日本では税込で9万2664円、 10万4544円、 11万6424円ですから、タックスリファウンドすると同じくらいでしょうか?

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン