このページの本文へ

Intel「SSDPEKKW128G7X1」、「SSDPEKKW256G7X1」、「SSDPEKKW512G7X1」

3D NAND採用でNVMe規格のM.2 SSD「Intel SSD 600p」シリーズが14日発売!

2016年09月13日 22時22分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3D NANDフラッシュを採用するインテル製M.2対応SSD「Intel SSD 600p」シリーズが登場。14日(水)から販売が始まる予定だ。ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデル。税込6980円からという高いコストパフォーマンスも魅力だ。

14日(水)から販売が始まる3D NANDフラッシュを採用するインテル製M.2対応SSD「Intel SSD 600p」シリーズ

 「Intel SSD 600p」シリーズは、高速な転送速度を実現するNVMe規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD。コントローラーにSMI製、メモリーはTLC NANDを採用する。3D NANDフラッシュを採用する点でも注目を集めるが、販売価格が安い点も特徴。

NVMe規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD。インテルからも注目モデルの登場に市場も賑やかになってきた

 入荷を確認したドスパラ パーツ館では、予価が128GB「SSDPEKKW128G7X1」で6980円、256GB「SSDPEKKW256G7X1」で1万980円、512GB「SSDPEKKW512G7X1」で1万9480円となっていた。なお、「Intel SSD 600p」シリーズはオリオスペックでも14日(水)から販売予定とのこと。

製品パッケージは茶箱の中に入っていた。これはリテールなのか茶箱なのか

 基本スペックは、128GBがシーケンシャルリード770MB/sec、同ライト450MB/sec、256GBがシーケンシャルリード1570MB/sec、同ライト540MB/sec、512GBがシーケンシャルリード1775MB/sec、同ライト560MB/sec。ちなみに未発売の1TBモデルはシーケンシャルリード1800MB/sec、同ライト560MB/secというスペックだ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中