このページの本文へ

ADATA「ASU800SS-128GT-C」、「ASU800SS-256GT-C」、「ASU800SS-128GT-C」

ADATAから3D NAND採用SSD「SU800」が登場

2016年09月10日 23時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATAから、同社初の3D NAND採用2.5インチSSD「SU800」シリーズが登場。TSUKUMO eX.で販売がスタートした。ラインナップは128GB「ASU800SS-128GT-C」、256GB「ASU800SS-256GT-C」、512GB「ASU800SS-128GT-C」の3モデル。

ADATA初の3D NAND採用2.5インチSSD「SU800」シリーズ。128GB~512GBの3モデルが発売された

 「SU800」シリーズは、従来の2D NANDと比較してより高いストレージ密度、効率、信頼性を実現した3D NANDフラッシュ採用の2.5インチSSD。コントローラーはSMI製で、 NANDフラッシュメモリーをSLC モードで動作させるSLCキャッシングやDRAM キャッシュバッファをサポートする。

従来の2D NANDと比較してより高いストレージ密度、効率、信頼性を実現したという3D NANDフラッシュ採用モデル

 転送速度はシーケンシャルリード560MB/sec同ライト520MB/sec。MTBF(平均故障間隔)は200万時間で、製品保証は3年間。価格は128GB「ASU800SS-128GT-C」が4980円(税抜)、256GB「ASU800SS-256GT-C」が7980円(税抜)、512GB「ASU800SS-512GT-C」が1万3980円(税抜)。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中