このページの本文へ

MSI「X99A TOMAHAWK」

X99採用のカジュアルゲーマー向けのMSIマザー「X99A TOMAHAWK」

2016年08月31日 23時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIからX99チップセットを採用するLGA 2011v3対応マザーボード「X99A TOMAHAWK」が発売された。「Arsenal GAMING」シリーズの製品で、価格を抑えつつ各種機能を実装させたのが特徴だ。

X99チップセットを採用するLGA 2011v3対応マザーボード「X99A TOMAHAWK」。その名の通りパッケージにはミサイルがデザインされている

 「X99A TOMAHAWK」は、X99チップセットを採用したLGA2011v3対応のATXマザーボード。「GAMING LAN Manager」により帯域調整ができるインテル製デュアルギガビットLANや、高音質サウンド回路「Audio Boost 3」、1クリックでゲーム性能を引き上げることができる「GAME BOOST」などのゲーマー向け機能を搭載する。

 また、PCI Express(3.0) x16スロットやM.2スロットにはメタルプレートで補強した「STEEL ARMOR」を採用。市販の5050 RGB LEDストリップに対応する4ピンヘッダ「Mystic Light Extension header」を備えるのも特徴だ。

ブラックカラーをベースとした「X99A TOMAHAWK」。価格を抑えつつ各種機能を実装させたゲーマー向けモデルに仕上げられている
PCI Express(3.0) x16スロットだけでなくM.2スロットもメタルプレートで補強されていた

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3、PCI Express(2.0) x1×2。メモリースロットはDDR4-DIMM×8(DDR4-3333/3200/3000/2933/2800/2666/2600/2400/2200/2133 、最大128GB)。

 オンボードインターフェースとして、デュアルギガビットLAN(intel I218LM+I210AT)やサウンド、M.2×1、U.2×1、SATA3.0×10、SATA Express×1、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×8、USB 2.0×8などを装備する。

 価格は3万6698円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中