このページの本文へ

Seagate「ST10000VX0004」

Seagate製の監視システム向けHDD「Skyhawk」シリーズから10TBモデル登場

2016年08月30日 22時11分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HDDラインナップのブランドを一新したSeagateから、最大64台のHDカメラに対応する監視システム向けモデル「Skyhawk」が登場。容量10TBの「ST10000VX0004」がパソコンショップアークで販売中だ。

最大64台のHDカメラに対応する監視システム向けモデル「Skyhawk」がSeagateから登場

 「Skyhawk」シリーズは、最高64台のカメラに対応し、全体の90%を記録領域に充てるよう設計。24時間365日常時稼動を前提とした製品で、ImagePerfectファームウェアを搭載しデスクトップ・ドライブの3倍の作業負荷率を実現した。

 主なスペックは、回転数7200rpm、キャッシュ容量256MB、最高データ転送レート210MB/s、消費電力が動作時6.8W、アイドル時平均4.42W、スタンバイ/スリープモード時0.8W。

 価格は5万3800円だ。

NAS向け「IronWolf」シリーズの10TBモデル「ST10000VN0004」と価格は同じ5万3800円だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中