このページの本文へ

CTやMRIなどの検査画像をクラウドに保管、地域医療連携の促進にも

IIJ子会社、医療検査画像のクラウド共有/閲覧サービス

2016年08月24日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)子会社のネットチャートは8月23日、CTやMRIなどの医療用画像や医師による所見などのデータを、クラウド上で安全に閲覧/共有できるサービス「Cloud Radiology Service クララ」を発表した。9月1日から提供を開始する。

「Cloud Radiology Service クララ」のサービス概要図

 同サービスでは、CTやMRIなどの検査画像を保管/閲覧、管理するための「医療用画像管理システム(PACS)」をクラウド上に構築し、医療用画像データを患者情報や過去の検査履歴などと合わせて統合的に閲覧/共有できるサービス。PACSは、PCやスマートフォンなどマルチデバイスのアクセスに対応しており、患者情報や過去の検査履歴などが一画面で閲覧できる。

 クラウド上のPACSはインターネット経由でアクセスが可能で、検査を実施した病院がアップロードした医療用画像を、遠隔地の診療所や連携施設、主治医の自宅などで閲覧できる。画像データや医師の所見がタイムリーに共有できるため、地域医療連携(病診連携)の促進につながるとしている。

同サービス専用の検査画像ビューア
検査画像のイメージ

 なお同サービスは、医療向け3省4ガイドライン(厚労省、経産省、総務省の定めた4つのセキュリティガイドライン)に準拠した、セキュリティ性の高いクラウド環境を利用している。また、画面イメージだけを転送する方式で提供されるため、検査画像などのプライバシー情報がネットワーク上を流れることはなく、ユーザー端末にもデータは残らない。

 Cloud Radiology Service クララの利用料金は、月額10万円から(税抜、容量2TBまで)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ