このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

高負荷に耐えるためのパソコン完全冷却術第2回

ファンのフィン形状でエアフローに劇的な差が生まれるか?

2016年08月24日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第1回では、PCケース各所のファンをオンオフしてのエアフローをチェックしてきた。第2回はファン単体に注目してみたい。

 新製品の登場速度がゆるやかなケースファンだが、ひと昔前にはディンプル付きのものや、フィン数が多く、かつよりスクリューな見た目のものまで多く存在していた。気がついたら、CPUが購入できる分のファンが手元にあった読者いるのではないだろうか。

 しかし、2016年時点では、その流れはなくなりつつあり、シンプルな構造なものが増えている。そこで第2回では、ファン単体の空気の流れはどうなっているのかを見ていこう。

その辺のものでお手軽に実験してみような展開だが、第2回はファン単体について。またスモークは簡易煙幕装置(人力)での検証ある

ファンを大まかに分けると3つ

 各メーカーから登場しているため、そのすべてを検証するのは難しいため、よくありそうなタイプを3つ用意した。以下の3製品になる。

Cooler Master「XtraFlo 120 Slim」。12cmファン、フィン数13、15mm厚、500~1600RPM。ケース用の増設ファンとしてよく見かけるもの
Cooler Master「Silencio FP 120 PWM」。12cmファン、フィン数5、25mm厚、800~1400RPM。静音性の高いファンとして設計されているもの
CoolerMaster「JetFlo 120」。12cmファン、フィン数7、25mm厚、800~2000RPM。フィンの枚数としてはよくあるもので、スタンダートなラインとして認識していい

 以上の3製品は形状が異なるため、違いがあるだろうというわけだ。まず第1回の動画でおさらいしてみると、吸気された空気は、ビデオカードあたりで2ラインに分かれるため、単純に考えて、そのラインまで空気を運んでくれれば、吸気ファンはOKと考えられる。

 排気は勢いよくはき出しているほうが無難な様子であったため、排気性能の高さがあればよさそうだ。

 検証用ケースは、エレコムの段ボールがちょうどいいサイズであったため、12cmファンのマウント部と自然排気口を作成。密閉性を再現するために側面はアクリルパネルでフタをすることにした。

とてもざっくり作成された検証台。隙間はテープで埋めた
ファンの回転数を固定するため、ジサトライッペイが自作したPCケース「大風連丸」に搭載されていたファンコントローラーをファンと電源の間に挟んでいる(ガッツリとフレームに固定されていたので、ファンコンだけを取り外せなかった)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

Xperia/Galaxy/AQUOS新モデル大集合SP

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中