このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」第130回

新iPhone発売後、やっぱり中国ではニセiPhoneが登場するのは確定!

2016年08月18日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
地下鉄車内。も来年の今頃は曲面中国スマホ率が高くなる!?
中国の地下鉄車内。来年の今頃は曲面中国スマホ率が高くなる!?

 新型iPhoneがまもなく発売されそうだ。過去のiPhone発売時には、中国の「c」が頭についた「ciPhone」や、りんごがみかんロゴに変わった「iOrange」なんてのが出てきた。

 それは写真で撮るだけならそれっぽく、さわれば質感でがっかり、電源を入れれば目も当てられないというシロモノだった。

 近年のiPhone発売では、発表直後に爆速で本家に似たAndroid機が発表された。それには話題性で一稼ぎしようという思惑と、先進国へのジェラシーへの両方が垣間見られた。

新型iPhoneでもニセモノは出てくる可能性が高い 新型iPhoneでもニセモノは出てくる可能性が高い

 新型iPhoneはガラス筐体を採用するとか、曲面ディスプレーを採用するとか、前面背面両面とも曲面ガラスを採用するとかで、今までとガラッと見た目が変わるのではないかと言われている。

 さすがにそのニセモノは登場しないだろう、と思われるかもしれない。ところが、そのガラスを含めた曲面ディスプレー量産のための工場が、中国で水面下に増えつつある。

 アップルによる曲面ディスプレー関連の特許が申請されたり、製造に関する情報がリークされたりするや、中国メディアは「部品メーカーが曲面ガラス製造に力をはじめた」「曲面ガラス工場への投資は今が絶好のチャンス」と報じているので、近い将来曲面ガラスが潤沢に供給されることだろうし、曲面ディスプレー採用のスマートウォッチ作りで活用される工場もあるだろう。

 中国メディアのニュースによれば、ファーウェイ、OPPO、小米(シャオミ)、魅族(Meizu)といった中国有力メーカーの上位機種で両面曲面ガラスを採用した機種がリリースされるといわれている。

 今年後半には「Galaxy S7 edge」のような曲面ガラスを採用する中国メーカーのスマホが続々と登場し、しかもGalaxy S7 Edgeよりも攻撃的な値段で出てくるわけだ。

 曲面ディスプレーにはサムスンの「AMOLED」技術も必要となる。一部のメーカーしか作れないが、ファーウェイ、OPPO、vivo、小米といったメーカーがAMOLEDの争奪戦をはじめているというニュースも報じられている。

スマートフォンの修理屋 スマートフォンの修理屋。中国の各都市にある

 修理がどの都市でも気軽にできなければ本体は売れないので、修理用ガラスや液晶も大量に修理屋に流れる。そうなれば、どのメーカーも同じ曲面ディスプレーの製品を出してくるだろう。

 また、新型iPhone発表から爆速で、どこからか流れたAMOLEDパネルにより、名もなきメーカーが新iPhoneそっくりな曲面ディスプレーを採用した山寨機を出すかもしれない。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン